<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


基材の引き出しを沢山持つこと

b0319247_08224393.jpg

実は、昨年から右足の甲にずっと傷を負っていて、治癒にてこずっていました。

素足に竹網製のスリッパ(スパなどでよく用意されていることがあるかと思います)をはいていたら、ヘリが肌にこすれて傷になったのが始まり。
なぜか右足の甲のみ回復せず、その後かき傷になってからは、大変なことになってしまいました。
当初はまさかこんなに長くトラブルになるとは思いもせずーーー
でも、最後にピンと来た基材との出逢いで、これを自分自身で気づき、深く理解するための道のりだったんだなぁと、今では思います。
全く長い道のりでした・・・。

傷、肌のトラブルと言ったらハーバリストとしての第一選択は、まずはカレンデュラ・オイル、セントジョンズワート・オイルかと思います。
しかし、今回の事例においては、それも全く効果がなく、どんどん悪化していくばかり。
この度の症状では、有効成分を活用するには、精油を使用するのはとんでもなく(悪化の一方でした)、ティンクチャーも余り良い効果を感じられず(アルコール分が強すぎる感じがしました)、フローラル・ウォーターがベストだと分かりました。
それでも、通常はかなりよい働きをする抗炎症のカモミールが今回はダメで、カレンデュラ・ウォーターは大丈夫だったのです。
本当に、「この症状に良いはずのハーブ、精油」がほぼ機能しない時、ゴールの見えない先行きに、お手上げでした。

途中、日本帰国の際には自らの自然治癒力を活用した湿潤パット(ハイドロコロイド・パッド)なるものも利用してみたことがありましたが、どうも、使用しているうちにそのパッド自体にも肌が負けてしまったようで、またまた治癒は遠のくばかり。暑い時期と重なって、さらに良くなかったのでしょう。
鍼治療もして頂き、大部落ち着いてからは、その後試したひまし油とカレンデュラ・ウォーターのコンビネーションがその時の症状に合うことが分かり、かなりゆっくりの回復に向かっていました。

しかし、最後のフィニッシュがどうも芳しくありません。あと一息、どうしても完治に至りません。
長く同じ基材(ひまし油とカレンデュラ・ウォーター)を使っていると、どうも肌も慣れてしまって、効果がなくなっていくように感じました。

夏になる前に、どうにかして完治させたいーーーと思っていたところ、ピンと来たのが、火傷の治癒でも知られているアロエヴェラ・ジェルと、アメリカではおばあちゃんの薬箱的存在でもある、ウィッチ・ヘーゼルです。
先日のアロマクラスで生徒さんとアロエヴェラジェルを使用したので、これにウィッチヘーゼルのタンニン(傷を保護して再生させる)を加えたらどうだろうーーーと閃いたのです。どちらも傷や炎症にも効果が期待できそうなので、早速ジェルを治りそうな傷に塗ってみました。

結果は、効果抜群でした!
今、長かった闘傷?!生活にも終止符が打たれようとしているほどの、素晴らしい回復を見せています。ほぼ、完治です。


ここまで色々試したことで分かったのは、ハーブや精油の有効成分(今回は、私には特にアロマの精油はworkしませんでしたが)を肌に運び、浸透させる「基材」は、色々な知識を引き出しとして持っていることが大事だということ。
何かの基材がだめでも、他の方法もあるということ。
そしてそれを使いこなし、どんな状況でどのように使用するかで効果が出るかということを、体得していくことの大切さ。
自分で経験すれば、家族など他の人にも応用できます。

今となっては、なぜすり傷の軽い時点で、よく知られるアロエヴェラ・ジェルを試さなかったのかーーーなぜか油、油と思い続けた自分が不思議なくらいですが、きっと長い迷子の旅の後に、このような深い実感を体験するためだったのでしょう。
あきらめないで色々試し、自分の傷とじっくり付き合って到達出来た治癒ーーー今は、この道のりで経験した色々に、感謝の気持ちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして私が感じる、右脳的な直感。

それは、肌(体)は、過去の記憶を存続しているのではないか?ということ。

20年近く前、アリゾナでジャンピング・カクタスというサボテンに右手のひらをさされ、一大事になったことがありました。手のひらを永遠に転がり、自分ではそのサボテンを取り除くことができないのです。
その後10数年後、ネトルの葉っぱを触ってしまい、その棘によって同じく手のひらに湿疹ができましたが、これも2年程治りませんでした。
途中、過去のサボテンの記憶が蘇りました。
肌は、「棘」による反応を記憶していたのではないか?と。

また今回、足のかき傷がこうしてずっと治癒しない理由のひとつにーーー
これも20年数年前、新居のペンキを自分で塗っていた際に、ペイントする前の生木に負けて、足が湿疹だらけになったことがあったのです。
そのことが、途中思い出されました。
肌は、体は傷を記憶していて、何かの刺激によって、同じような症状を表現?するような気がしてなりません。

キネシオロジーなどでは、そういった過去の記憶を遮断する治療をしてくれますが、自分でこれをリセットする方法がないものかーーー今、色々思いめぐらせているところです。


☞ 傷の治癒に効果を期待したい場合、特に傷がシビアな時は、基材に合成界面活性剤が入っていないか、確認されて下さい。
 (合成界面活性剤は避けて下さい)
 








[PR]
by marie-foliage | 2018-05-30 08:45 | 健康

5月のガーデンフラワーと誕生日

b0319247_04052220.jpg

ここ数日、冬に逆戻りしたかのような寒さだったバークレー、連休中の今日は、やっと暖かさと真っ青な晴天が戻りました。
庭の花々も、例年より2週間以上開花が遅れています。いつもは5月の初めに満開になるバラも、こんなに遅く迄咲いているとは、今年の寒さがいかほどかを思います。


さて、やっと仕事も一息ついたので、庭の花々を集めて花あしらいを。
今日は夫の誕生日。
昔、CHEZ PANISSE レストランで頂いたバースディープレートを添えて、とりあえず形だけでもと誕生日のお花をつくりました。
余りにも可愛らしいアレンジとなりましたが(笑)、私よりこまめでおばさんっぽいところのある人なので、悪くないかも!!(爆)


こうして庭から花を摘めるしあわせに感謝しながら、
一年で一番花で溢れるこの季節への想いは、歳を重ねる毎に深くなっていくかのようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花:Cottage pink(なでしこの一種)
バラ:Lyda Rose(一重のバラ)、Paris in childhood(八重のバラ)
グリーン:ワームウッド、オレガノ、スイートピーのつる、アサリナのつる、セイボリー






[PR]
by marie-foliage | 2018-05-28 04:32 | 花、植物

自然農法のお米の力

b0319247_02460943.jpg

この春からfoliageのアロマクラスの生徒さんになって下さった里英さんが、自然農法に携わってらっしゃるといいます。
自然体でありながら聡明、バランスの取れた里英さんを拝見していて、そんな里英さんが携わってらっしゃる自然農法のプロダクツは、きっと素晴らしいに違いないという予感がしていました。

近く何かを試させて頂きたいなぁという好奇心はすぐに叶い、先日、里英さんからプロダクツのひとつであるお米を分けて頂きました。
手に取った時から、なんとなく違いを感じましたが、気のせいかな??と思いながらお米をといでいるうちにーーー「これは確かに違う!」という確信に変わりました。
とぐお米の一粒一粒が、生きているのです。しゃりっしゃりっと力があって、しっかりしています。

そして実際に炊いて口に入れた瞬間ーーー
本当に、大げさかもしれませんが、体に電気が走ったかのようでした。生きているお米、本当のお米はこれだ!という感動です。思わず、涙があふれました。


以前、このブログでも書いたと思うのですが、南仏プロバンスに出かけた時に、野生地に自生していたハーブたちのことを、思い出しました。
殆ど水もなく岩のようなごつごつした土地に、エネルギーを振り絞るかのように自生していたハーブたちは、生きていくためのギリギリのところで自分に不必要な捨てるものは捨て、生命だけを繋いでいくためにそこにありました。
そのギリギリの過酷な環境下でのハーブたちが内面に持つ力というのは、凄いものがあります。
「本質」だけが、最後にそこにあるーーーという感じでした。

里英さんの携わってらっしゃる自然農法のお米も、その「本質」に近いもの、いえ、「本質」そのものを感じました。


自然に生きることから遠ざかっている現代の私たちに、天は色々な方法で、そこに戻る術を囁いてくれます。

自然農法のお米もまさにそのひとつで、このお米を食するだけで、私たちはあるべきところを思い出したり、戻っていきたくなったりするのではないかと思います。
作物が、自然が導いてくれる気付きは、体験や喜びや感動を伴うのが、素晴らしいです。

こういった消費者の感想なども、里英さんはフィードバックとしてファーマーさんに届けて下さるのだそうです。
ここにも、自然の営みの真理である「繋がり」という循環の輪が確かに存在しています。






[PR]
by marie-foliage | 2018-05-22 03:06 | 料理

キッチンハーブ・ワークショップ追加クラスご案内

b0319247_05580738.jpg


先日開催致しました、FOLIAGE-Herboristerie-のキッチンハーブ・ワークショップ、追加クラスを致します。

来る 6/5(火)に開催致します。

今現在あと1名様、ご参加頂けますので、ご希望の方は至急Eメールにてご連絡下さいませ。
定員となりましたので、ウエィティングリストでお受け致します。こちらのcontact よりどうぞ)
来年、こちらのワークショップは開催予定はございませんので、この機会に是非どうぞ。
(ご参加頂きました生徒さんのお声を、下記More↓に入れております)

スタート時間は変更になる可能性がありますので、宜しくご了承下さいませ。

VOICE(ご参加者の皆様からのお声/エルブ・ド・プロヴァンスの利用のフィードバック)



Photos © Madelene Farrin


[PR]
by marie-foliage | 2018-05-18 06:01 | ハーブクラスHerboristerie

キッチンンハーブ・W.S."VOICE"

b0319247_06100737.jpg

ハーブミックス、「エルブ・ド・プロヴァンス」作成と、ハーブ・スワッグのワークショップのご感想をご参加者の皆様から頂きました。
皆様の食卓のご参考になりますよう、シェアさせて頂きますね。
お声をお届け下さいました皆様、誠に有難うございました。




先日は、またまた素敵なクラスを有難うございました!

エルブ・ド・プロヴァンス、早速使ってみました。
食べ盛りの15歳児の為に買ってあった。Beef Chunk に擦り込んでポットローストに。
お野菜とお肉、少々のストックと、エルブ・ド・プロヴァンス、そのお塩とちょこっとのお醤油だけの味付けでしたが、複雑で奥行きの深い味になりました。
ご飯との相性もとってもよく、息子も美味しい。と唸ってました。

長年、和食党の私はエルブ・ド・プロヴァンスは使いこなせないと思っていて、Provenceに行っても買うことがありませんでしたが、新発見!どうもありがとうございます!
今週末には、ハーブでお野菜をマリネしてBBQしようと思います♪

J.O.様


先日、トマトとオリーブのフォカッチャとチーズとトマトのフォカッチャを購入し、家で温め直す際に、早速ハーブミックスをパラパラとしてから食べたら、もう、美味しくて美味しくて!!!!

明日はファーマーズマーケットで山ほど野菜を買い込んで、ラタトゥイユを作ります♪

R.K.様


ワークショップで作成したスワッグは可愛くて、ずっと眺めては一人で微笑んだりしています。

また、エルブ・ド・プロプァンスの方は、早速パスタの具と、玉ねぎ、エビを炒めそれに使ってみましが、まあ、まろやかで、優しいこと!びっくりです。
今朝、主人のお弁当に、トマト、鶏肉 を炒め味付け玉子いれて、炒り卵にしてみましたが、それにもマッチして美味しく出来ました。

一般に購入したものと、あまりにも違うので驚きました。

Y.I.様


先日のキッチンハーブ・ワークショップで作ったエルブ・ド・プロヴァンスを使って、
・サーモンのハーブチーズ焼き
・ハーブハンバーグ
・ハーブバター
を作りました!
全てハーブの香り、味がとても良く料理を引き立ててとても美味しかったです。

次は、お肉にハーブソルトで味付けして食べようと思っています。
お料理のレパートリーが増えたようで楽しいです。

k.k.様

b0319247_03584556.jpg


[PR]
by marie-foliage | 2018-05-13 08:22 | ハーブクラスHerboristerie

バラの季節と母の日

b0319247_05555320.jpg

色々な植物の開花が遅れていた今年のバークレーですが、foliageの庭のバラも、例年より少々遅れて、満開に近づいてきました。
バラが咲くと、一気に庭が華やぎますね。
バラは植物の中でも、「華やかさ」担当ーーーそんなお役目を担っているのでしょう。

この季節は、普段できない贅沢なバラ摘みをし、ドライにしたりお茶にしたり、ただそのまま眺めたりと、思う存分に楽しみます。
バラは、正に眺めるだけで陶酔できる、本当に不思議なお花です。


我が家の裏庭の芝に隣接した花壇には、イングリッシュローズが並んで植えられています。
この庭を作られた(この家の前の住人)マーガレットさんが、以前お子さんたちも巣立ち、ひとりぼっちだった母の日に植えたバラもあるーーと、この庭を引き継ぐ際にストーリーをうかがったことがあります。
庭にも、人知れず物語があるのですね・・・。

そのお話をうかがった当時、我が娘はまだキンダーで、巣だっていく遠い日のことを、私自身まだ想像もできない日々でした。
それから月日は流れーーー小さかった娘も、この秋からは大学生。
明日は、娘と共に暮らした中で一緒に過ごせる最後の母の日?(オーバーですが)になります。
来年の母の日は、このバラをどんな気持ちで眺めている自分がいるのでしょうか。

どんな気持ち、感情も人生の中のひとつの味わい。
一瞬一瞬を、さらに大事に生きたいと思うこのごろです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらのお写真は、foliageのウエブサイトのphoto を撮って下さっているMadelene が3年程前に撮ってくれたものです。
娘の手を見ると、まだちょっと幼さがあって、懐かしい思いになります。
ウエブサイトのgallery も、バラのお写真多めにしていますので、どうぞのぞいてみて下さいね。


b0319247_05560832.jpgb0319247_05561893.jpg





















Photos © Madelene Farrin







[PR]
by marie-foliage | 2018-05-13 06:04 | 花、植物

思い描く「緑の暮らし」

b0319247_06100737.jpg


キッチンハーブ・ミックス、そしてプラントセール&オープンガーデン、昨日無事に終了致しました。
ご参加頂きました皆様、ご興味を持って下さった皆様、有難うございました。

今年は例年より肌寒く、庭のバラもまだ最盛期を迎えず、このワークショップに向けてこの1年育ててきたキッチンハーブたちも予定より最盛期が遅れてしまい、一時はとても心配しましたが、とにかく今ある状態でーーーを受け入れての開催となりました。
そんな状況の中でしたが、皆様にもどうにかお楽しみ頂けたのではと思います。

ワークショップで作成した「エルブ・ド・プロヴァンス」は、今までの自分の旅で見てきたもの、感じたこと、そして本で学んだこと、自分の暮らしで使用してきた体験など交え、とても3時間ではおさまり切れない気持ちでしたが、こうしてハーブと出逢って30年近くーーー。集大成と言うと大げさですが、皆様へのシェアリングも、そのような時期にさしかかってきたのかもしれません。

そしてプラントセールでは、ご自身の生活で「育てる」ことから始めて頂けたらーーーという思いで、ワークショップで使用したハーブも一部お出し致しました。
自分の育てたハーブが、ご自身の食に、薬に、美容にーーー繋がっていくこと。それがハーブと共に暮らすことの本質だと思っています。

「ハーブや植物に携わる」ということは、「買う」ことではなく、「暮らすこと、生きること」。
実際に育て、成長を見守り、各々の植物の個性を知り、付き合い、それを暮らしに取り入れていく。
手を使って、感性を使って、楽しみながら・・・。
そこで私たち人間がハッピーになったり、健康になったりすることを知っていく。
その一連の「生きる、暮らす過程を共にする」流れ全体こそが、「ハーブに携わる」ということではないでしょうか。

そしてその付き合いの中で涌き上がる「感謝」が、私たちと植物を、さらに一体化させるのだと思います。

私の理想とする「思い描く緑の暮らし」は、そのような絵です。


なんだかドラマティックすぎるかもしれませんが、いつまでも永遠にこのシェアリングが出来るーーーと思っていた若い頃とは、今の気持ちは少々違います。残りの時間を、とても感じるようになってきました。
一回一回が、とても大事なものに感じます。

そんな思いの元、foliageにご縁を頂いた皆様に、これからも続けられる限り、このような暮らしのご提案をさせて頂けたら・・・と思っています。

エルブ・ド・プロヴァンスとキッチンハーブ・スワッグのワークショップは、さらにご希望者様が少々出ておりますので、再開催も検討しております。(6月第一週週末もしくは、他の平日)
ご興味のある方は、どうぞEメールにてご連絡下さいませ。検討させて頂き、人数が集まりましたら、開催を予定させて頂きたいと思います。





[PR]
by marie-foliage | 2018-05-08 06:35 | 暮らし

Tulsi / Holy Basil

b0319247_08133384.jpg

もう今週末に迫った今年のプラントセールで初めてお出しする、Tulsi(Holy Basil)。
SNS を見ていると、日本のハーブに携わる方々、自然志向の方達の間でもポピュラーになりつつあるようですし、(いえ、もしかしたら私が無知なだけで、大部前から人気になっていたのかもしれませんね!)カリフォルニアに住む私もTulsi の名は、(メディカル)ハーブティーのコーナーでよく目にして気になっていました。

バジル自体、種類も多々あり、その中の一種ホーリーバジルも以前から存在するものであったけれど、私も今まで余り気にとめていませんでした。
ここ数年でしょうか、こういうヘルシー市場のシーンに著しく登場するようになったのは、その味や栄養のみならず、フィトケミカル(植物化学成分)があらためて発見されたり見直されたりしているからなのではないかと思います。

こちら様のブログ記事を拝見すると、素晴らしく様々な効能が期待でき、今再度このバジルが注目を浴びている意味が分かるような気がしました。

以下、一部抜粋させて頂きましたので、是非ご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■効能

ある研究では、トゥルシーが活力増強の特性が一般的に認められて古代からトゥルシーが健康を増進するために使われてきたのも、うなづけます。

 ・ストレスを減らしストレスへの抵抗力を強める。
 ・スタミナと持久力を強化する。
 ・酸素の体の効率的利用を増やす。
 ・免疫系を高める。
 ・アンチエイジング
 ・身体の中の酸化防止や他の栄養補給を豊富に提供するという目覚ましい証拠

 ・さらに、トゥルシーは多くの変性障害(例えばがん、心臓病、関節炎、糖尿病、
  認知症)に関しても、効果的な抑制と治癒ポテンシャルを向上させる可能性が
  示唆されている。
 ・炎症を減らす
 ・胃潰瘍を防止する。
 ・放射線から保護する。
 ・熱、コレステロールと高血圧を下げる。
 ・歯周病を予防する。

 ・天然の抗菌物質として重要である。
 ・抗ウイルス剤と抗真菌性の活動を示す。
 ・他の栄養分の消化と吸収を改善する。
 ・蚊など有害な昆虫さえ忌避する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのハーブを知り、理解するためには、まずは育てることが、私の信条。
トゥルシーを育て、大きく成長した暁には生活に健康に利用し、また一つ、新しいハーブを理解していきたいです。


<余談の後日談>
以前購入してあったTulsi のティーバックを、今更ながら試飲してみたところ、1年以上腫れていた喉が、すーっとおさまりました。疲れがたまると喉が腫れるようで、また後日腫れてきたので飲んでみたところ、また腫れが引いて。
また、疲れがたまって免疫が下がると、たちまち口角炎が出来てしまうのですが、気づいたらこちらも消えていました。
Tulsi の効能に非常に驚いています。
これから、積極的に摂取していきたいハーブのひとつに加わりました。






More/FOLIAGEの苗
[PR]
by marie-foliage | 2018-05-02 08:30 | ハーブ


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

Broek in Water..
at 2018-07-18 07:05
オランダの小さな村
at 2018-07-14 01:24
独立記念日
at 2018-07-05 07:10
庭の花からラヴェンダー・ウォ..
at 2018-07-01 08:47
ホーリーバジルの馥郁たる香り
at 2018-06-26 04:55

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
特別クラス
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

記事ランキング