人気ブログランキング |

香りが誘なう、情景。

b0319247_04061230.jpg


日本はもう、新緑の季節なのですね。
タイミングをすっかり逸してしまいましたが、名残惜しさも兼ねて、(インスタには既にアップしていたものの)ブログにアップし忘れていた桜の香りのtopic を。


先月日本を訪れた際に、久しぶりに東京、神宮前の@aroma さんにお邪魔しました。
主に空間アロマデザインに力を入れておられる@aroma さんは、数年前、初めてこちらのお店を尋ねた時から、さらに独自の特徴に特化され、進化されているように見受けられました。

お店の女性が親切に色々教えて下さり、ディスプレイされていた香りを隈なく嗅がせて頂いたのですが、私自身海外に住んでいるせいでしょうか。又ちょうど桜が咲き始めた季節だったこともあるのでしょうか。"Japanese air" シリーズの、"awa" という香りに心が奪われました。

☞ こちらの、オイルシリーズの中にあります。
  「ボタニカルエアー」「デザインエアー」「クリーンエアー」「サプリメントエアー」、
  「ジャパニーズエアー」「パーソナルエアー」などなど、どのシリーズも興味深いもの
  ばかりでした。

"awa" は、嗅いでいるだけで桜とその春の情景が浮かぶような香り。
甘いお花の精油数種に、シソの精油がブレンドされ、ちょっぴり桜餅も彷彿とさせられました。精油瓶から直接嗅ぐのもいいのですが、お店の方に勧められたのは、蓋の開いた精油瓶に被せるように置かれていたガラスのドームを持ち上げて中を嗅ぐ方法。そうすると、さらになんともまろやかな香りだちで、素敵でした。
そして情景まで心に浮かぶとは、あらためて香りの持つパワーと可能性のすごさに感動してしまった次第です。

"Japnese air" シリーズには、他にも”高野山”などという香りもあり、とても魅惑的。
自分と同じように、海外に住んでいる友人たちへの、それぞれ贈りたい香りが浮かんでしまいます。

お店の方とお話ししていましたら、@aroma さんは、ANA の香りも手がけてらっしゃるとか。以前ANA の機内で、おしぼりにレモン風のいい香りが付いていた時期があり、「!!!」と反応してしまったことがあるのです。消毒のような香りよりも、殺菌作用があり、爽やかな香りのするレモンのおしぼりの、なんと気持ちよかったこと。ましてアロマの世界に携わっていると、様々な場所やシーンでの香りというものに敏感になっていくので、とても記憶に残っていたのです。@aroma さんのお仕事だったとは、納得です。


ハーブとアロマの仕事を続けてきた中で、昨年あたりから、又アロマの持つ力を再確認する機会が増え始め・・・
精油は様々に利用することができますが、やはり何と言ってもアロマならではの特徴であり、魅力を感じるのは、嗅覚から脳に伝わる道筋です。
ここには、私たちが想像するよりもっと大きな神秘とミラクルが潜んでいるように思えるのです。



b0319247_07464999.png



# by marie-foliage | 2019-04-24 04:23 | アロマ

「夢のような日々」を。

b0319247_06503132.jpg


美しい春の日。キラキラとした春の日差しが眩しい、晴天のイースターとなりました。
先週は主宰するクラスが二つ、その後に嬉しい来客もあり、私にとってはかなり充実したスケジュールでした。今日は小休憩の、まったりイースターです。


さて、子供が小さかった頃のイースターや、イースターに誕生日が近かった娘のバースディー・パーティーなど、育児の最中は日々のあれこれと行事をこなしていくのが精一杯でしたが、今振り返れば、それはそれは懐かしい思い出です。

ターシャ・テューダーさんのような夢のような思い出を子供に残してあげたくて、娘が小さな頃は、私自身、本当に一生懸命でした。
大人になれば否が応でも現実主体となり、夢の中で生きることは難しくなります。夢見れる時代には、思い切り夢の世界を生きてほしかったのです。
大人になって困難にぶつかったり、生きることに疲れたりした時に、夢のような生き方が人生にはあるし、幾つになっても自分次第で取り戻すことは可能なんだという力にしてほしい。そんな思いもありました。
そして同時に、私自身も子供の目で見る世界観を、追体験したかったのかもしれません。

その娘も、今は大学生となり、巣立って彼女なりのライフを送っています。


子育てが一段落着いた今の私ができるのは、アロマやハーブ、お花の生徒さんたちへ、「夢の世界に近い」場(笑)を提供して、「個の自分」や「素の自分」の時間を、ここfoliage で過ごして頂くこと。
普段、主婦や育児やお仕事などで、自分を無にしながら、又自分のことは二の次で日々の生活に追われてらっしゃる女性たち。
いつもの自分の「役割」を一旦脱ぎ捨てて、ここfoliage では、植物を通して「本来の自分」を取り戻し、深呼吸して頂けたらなーーーと思います。


庭の花々も日に日に輝きを増し、一年中で最もエネルギーが高まる時期を迎えつつあります。
もうすぐ開催されるfoliage 25周年のギャザリングや、5月のクラスでここを訪れて下さった方々に、小さな「夢」の時間を過ごして頂けたら私も本望です。



b0319247_06390684.jpg


b0319247_07464999.png 

# by marie-foliage | 2019-04-22 08:06 | 暮らし

セージ(コモン・セージ)/Salvia officinalis

b0319247_04564774.jpg

バークレーも、なんとも爽やかな季節がやってきました。
庭のセージも薄紫色の花が咲き始め、庭自体が輝き始めています。長雨の季節もついに終わったようなので、やっと庭の大掃除に取りかかり。手をかけると、やはり庭に息が吹きかえって来るのを感じます。

ハーブのブーケにも彩りを添えてくれるセージのお花(私は葉も、ブーケに使うのが好きです)ですが、特に種から育てた場合、開花は二年目以降になることが多いようです。又、半日陰〜日陰に植えた株は、開花しないものもあります。

セージは、「長生きしたければ、5月にセージを食べなさい」「セージを植えた家には死人が出ない」などという諺があるほど、昔から家庭になくてはならない薬草として重宝されてきました。
17世紀、大航海時代が来て中国のお茶がヨーロッパに伝わるまでは、セージのハーブティーが一般的に飲まれていたのだそうです。
学名のSalvia が、ラテン語の"salvare"(救う)という意味を持つことを考えると、「人の生命を救う」と思われるほど健康に役立つとされて来たからではないかと想像します。

現代では、その強力な抗菌作用故に特にお肉料理(ソーセージのセージも、このコモン・セージのことを意味するのだそうです)に使われたり(エルブ・ド・プロヴァンスなどのハーブミックスにも入っていますね)、料理だけではなく、風邪や口腔内、咽頭の炎症などにも良いです。
風邪や口腔内、咽頭の炎症にも良いというのは、抗菌作用だけによるものではないのです。セージに含まれるタンニンの収斂作用が、炎症による腫れと痛みに効果が期待できるためです。

セージの持っている力はそれだけではありません。
「若返りのハーブ」ローズマリーに次ぐ抗酸化作用も、セージの大きな特徴です。記憶力の維持や老化防止の意味を含めて、時々摂取するようにしておくといいかもしれません。


アロマの世界では、このコモン・セージ(Salvia officinalis)は使用せず、クラリーセージ(オニサルビア/Salvia sclarea)を使用するのは、アロマを勉強した方ならご存知のこと。なぜなら、コモン・セージに含まれる精油成分に、神経毒性の強いケトン類のツヨンが含まれているからです。(クラリーセージにはありません)
ハーブ使いの際は、精油成分のみを使用するアロマよりは、ケトン類のこともさほど気にしなくてもいいかとは思いますが、その成分が含まれていることを覚えておくに越したことはありません。
ハーブと言えども、自らが生きていくために、様々な成分を自身の体内に内包しています。
それらを理解し、私たち人間もうまく付き合って利用させていくことが大事なのだと思います。


今週からいよいよ始まる、FOLIAGE-Herboristerie-の「メディシナルハーブ・プロフィールクラス"Materia Medica"」でも、このセージのことを取り上げます。開花は今の時期のみなので、実際に庭でセージの花も観察して頂きますよ。ご参加の皆様、どうぞお楽しみに!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セージ(Salvia officinalis)/ヤクヨウサルビア

シソ科、多年草もしくは常緑低木
使用部位は葉(葉を収穫したい場合は、開花する前の葉を。開花すると、エネルギーが花の方に行ってしまうため)

妊娠中、授乳中、てんかん患者には使用しない。長期の服用は避ける。


☞ お豆料理にセージを加えると、お肉も使用していないのに、独特の旨味が出ます。
  ご参考までどうぞ。:「フレッシュビーンズで簡単手料理



# by marie-foliage | 2019-04-15 05:32 | ハーブ Materia Medica

メディカルハーブ・ハンドブック

b0319247_06531772.jpg


この度日本から購入してきた本の中の一つ、イギリスのメディカルハーバリスト 、アロマセラピスト、リフレクソロジストのリエコ・大島・バークレーさんのご本、「メディカルハーブ ハンドブック」。

この改正前のご本「英国流メディカルハーブ」は、ハーブに携わる方でしたらきっと一度は見かけたり、一冊はお持ちだろうと思うのですが、私も今ではすっかりボロボロになる程に参考にさせて頂いたご本です。
一つ一つのハーブの薬理的な説明のみならず、リエコさんの感じられるそれぞれのハーブの「エネルギーとしての働き」を読まさせて頂くのが、とても好きでした。
そして、例えばティンクチャー作りの記載でも、ハーブによって異なるアルコールの濃度や割合が詳しく書かれてあり、とても参考にさせて頂いた本です。
この2月に加筆、修正を加えた改正版が装丁も新たに刊行されると知り、早速日本でワクワクと購入させて頂きました。

表紙もさらに素敵になり、中もさらに見やすく、紙質もしなりやすくなったので、ハーブ剤など作る際に(読みながら作る際に)とても快適になりそうです。
後半には特選ハーブも写真入りで増え、さらに充実しています。

初心者の方にもいいと思いますが、メディカルハーブを極めたい方、もっと深く知っていきたい方、実践したい方には、きっと使いこなしていくための友になるような一冊になることとと思います。








# by marie-foliage | 2019-04-07 07:10 | ハーブ

foliage 25周年スモール・ギャザリングご案内

c0326509_04155682.jpg

お陰様を持ちまして、この春でfoliage も25周年を迎えることとなりました。
ここまで月日を重ねてこれましたのも、今までクラスや会にご参加頂き、foliage を支えて下さいました皆様のお陰と、心より感謝致しております。この小さな節目を、是非皆様とご一緒にお時間を過ごさせて頂けたらと、小さな催しを開催させて頂きたいと思います。

一昨年バークレーにオープン致しましたパフューム・ミュージアム の記事を、ちょうど日本のアロマと自然療法の専門誌「アロマトピア」様に執筆させて頂いたところです。この25周年の会にタイムリーかと思い、皆様とそちらのミュージアムのミニ・ツアーをご一緒させて頂くのをメインにしたギャザリングを計画致しました。
パフューム・ミュージアムは、私の解説も付けさせて頂いて見学することにより、より皆様に香りの世界を身近にご理解、楽しんで頂けるのではと思っております。

またミュージアムの前には、バークレーのローズガーデン見学、ミュージアム見学後には、我が家のガーデンフラワーも丁度満開の時期となりますので、花々を眺めながらランチやティーをお楽しみ頂けるようにプラン致しました。

本来でしたら、おせわになりました多くの皆様とお時間をご一緒させて頂きたいところですが、諸々の事情により、人数に制限がございますこと、宜しくご了承下さいませ。また、ミュージアムが土曜のみのオープンとなっておりますので、開催が土曜に限定されますこと、ご了承頂けましたら幸いです。

お忙しい時期かとは存じますが、皆様と春の一日をご一緒に過ごせますこと、心より楽しみにお待ち致しております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2019年5月4日(土)

スケジュール
 
A) 10:00〜10:45 ローズガーデン見学
  B) 11:00〜12:15 パフューム・ミュージアム見学(ウエイティングで承ります
  C) 13:15〜16:00 foliage にてランチ、ティー(ランチはケータリングの予定)
   ウエイティングで承ります
  時間は、調整のため少々変更される可能性もございますので、ご了承下さい。

定員:10名様(いずれのコースも)

ご参加:A、B、Cの全てにご参加、Aのみ、Bのみ、CのみのGO参加も可能です)
      お申し込みの際に、ご希望をお知らせ下さいませ。
      お申し込みは、Eメールにてご連絡下さい。先着順にお受付させて頂きます。

ご参加費:ミュージアムの入場料:$20-(今回のみ特別価格)
        ランチ:$20-
        お支払いその他につきましては、お申し込み後にご連絡させて頂きます。

お申し込み:どのコース(A、B、C、もしくは全て)にご参加ご希望かを明記の上、
        Eメールにてご連絡下さいませ。
        又、アロマトピア 掲載号のご購入ご希望の場合も、ご一緒に
        ご明記下さい。

お持ち物:帽子、カメラ


尚、いつも皆様にはお世話になっており、温かいお心遣いを頂いておりますので、どうぞ
  ギフトのお心遣いなどございませんよう、宜しくお願い申し上げます。
  お気持ちだけ頂戴させて頂きます。

当日はご要望もございましたので、プラントセール、小物セールも併設致します。
  尚、プラントセールの収益金全額は、東北でハーブによる支援活動と普及活動をされて
  らっしゃいます、特定非営利活動法人 ノワイヨノット様 にご寄付させて頂きます。
 (詳細は、下記More よりクリックしてご覧下さい)
 
  に又今回記事を掲載させて頂きましたアロマ専門誌「アロマトピア」 掲載号を、
  皆様にのみ特別価格にて販売させて頂きます。($16-)
  こちらの売上金の一部も、ノワイヨノット様にご寄付させて頂くことに致しました。
  数に限りがございますので、ご希望の方はお申し込みの際にご連絡下さいませ。


では、皆様と春のうららかな一日をご一緒させて頂き、小さなお祝いの時間が持てますこと、心より楽しみにおまちしております。

b0319247_08414631.jpg


      



More/プラントセールの寄付について
# by marie-foliage | 2019-04-02 05:01 | お知らせ


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

リンク

最新の記事

香りが誘なう、情景。
at 2019-04-24 04:23
「夢のような日々」を。
at 2019-04-22 08:06
セージ(コモン・セージ)/S..
at 2019-04-15 05:32
メディカルハーブ・ハンドブック
at 2019-04-07 07:10
foliage 25周年スモ..
at 2019-04-02 05:01

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
特別クラス
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
ハーブ Materia Medica
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

記事ランキング