ジャスミンのアンフルラージュ

b0319247_06203860.jpg

まるで、ジャスミンの花の精がそこに佇んでいるかのよう・・・!

こちらは、インスタで拝見した、aaaroma さんのご投稿を参考にさせて頂いた、ジャスミンのアンフルラージュ(冷浸法)。
ずっと試してみたかったのですが、日々の慌ただしさに追われ、「明日こそは・・・」と思いながら数週間!
もう今日を逃したらジャスミンの季節が過ぎ去ってしまう・・・と、やっと今朝、朝早くに摘んでシアバターに乗せて漬け込みました。

アンフルラージュと言うと、アロマで習った通り、牛脂(ヘッド)、豚脂(ラード)などに漬け込まないと・・・と先入観で思ってしまいますが、シアバターでしたら、すぐに手元にあるし、実行できそう!
頭を柔らかくすると、現代風に楽しめてしまうんですね!目から鱗です。

出来上がったらお花を取り除き、(これを数回繰り返してもいいでしょうね)コスメなどに利用します。

ほんのこれだけで、容器の中は、素晴らしいジャスミンの芳香が・・・!
ジャスミンの精油は高価でなかなか手が出ませんが、こんな方法だと手軽に楽しめますね。

なんともしあわせな季節です。

☞ 初めてやってみて分かったのですが、シャーレなどの容器は、上記の写真より
  もう少し幅広の物がいいかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンフルラージュ(冷浸法)
  牛脂(ヘッド)、豚脂(ラード)などの油脂にハーブや花の芳香成分を吸収させ、
  抽出する方法。
  ローズやジャスミンなど、繊細な花の香りを得る時に使われていた昔ながらの
  方法だが、手間がかかるため、現在は殆ど行われていない。









[PR]
# by marie-foliage | 2018-04-24 06:36 | アロマ

ハーブワークショップ&プラントセールご案内

b0319247_03584556.jpg


バークレーもようやく雨期が落ち着き、安定した春の陽気の日々となりました。

もう少し早くにご案内させて頂きたかったのですが、家庭内の私事やら仕事に追われ、こんな遅くの(開催日間近の)告知になってしまい、申し訳ありません。
(また、当初は5月中旬以降の開催を検討しておりましたが、なかなか当方の予定が立たず、このような開催日となりました。
もし皆様のご都合が合わない場合は、6月第一週週末開催も可能ですので、ご要望のお声、お届け下さい。→皆様のご都合をあわせ、5/6開催となりました。宜しくご了承下さいませ。雨天の場合は、変更の可能性ございます。その場合は、あらためましてここでお知らせさせて頂きます。

FOLIAGE-Herboristerie-から、前々から予定しておりましたハーブワークショップとプラントセール(オープンガーデン)のご案内です。

ハーブの季節がやってきて、foliageの庭の植物、ハーブたちもグングン音を立てるかのように成長しています。
この輝かしい季節に皆様と生のハーブに触れ、家庭で楽しめるハーブミックスや小さなスワッグを作りたいと思います。
その後、プラントセールも開催致します。
ハーブワークショップに使用するハーブもプラントセールでお出しし、育てながらクラフト作りに繋がっていく暮らしができるよう、ご用意させて頂きます。

foliageの庭も、一年で一番美しい季節となります。皆様と、庭の花々を愛でながら春を楽しむ時間をご一緒できましたら幸いです。ワークショップのみ、プラントセールのみ、両方のご参加、いずれも大歓迎です。

皆様のご参加を、心よりお待ち致しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハーブワークショップ内容:ドライハーブのキッチンミックス「エルブ・ド・プロヴァン
               」の講義、作成とその後、手のひらサイズのフレッシュ
               ハーブ・スワッグ(ブーケを逆さにしたような形態です)
               を作成して頂きます。

日時:5月6日(日)午前10:15〜午後1:15

ご参加費:$44-

場所:バークレー

定員:6名様(残席 1名様:4/22現在)

お申し込み:まずはEメールにてお申し込み下さい。定員になり次第、締め切ら
        させて頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プラントセールの内容:お花、ハーブ、そしてごくわずかですが野菜の苗を販売致しま
 (オープンガーデン)  す。可能な限り、オーガニック、固定種(heirloom)種からの
             もので、栽培もオーガニックです。
             その他、ガーデニング関連用品も少々揃えさせて頂きます。
☞ 苗の種類につきましては、下記More↓に記載させて頂きましたので、ご参考まで。

日時:5月6日(日)午後1:15〜午後3:30

お申し込み:まずはEメールにてお申し込み下さい。ご友人様などお誘い頂きます場合
        も必ず事前にご連絡下さいませ。

ご参加費:無料(ご参加の場合、お早めにお知らせ頂けますと幸いです。宜しくお願い
       致します。)
       苗は、市販の大体 1/6〜半分以下のお値段でお分けさせて頂いております。


b0319247_03590029.jpg
*簡単なリフレッシュメントをご用意させて頂きます。

*ご購入頂きましたプラントのお持ち帰り用箱はご用意させて頂きますが、
 その他のガーデニング商品などのお持ち帰りには、エコバック大歓迎です。
 ご協力宜しくお願い致します。


 





More/苗の種類
[PR]
# by marie-foliage | 2018-04-22 04:14 | お知らせ

お花の会とアロマ、ハーブクラスとの繋がり

b0319247_04115390.jpg

ここ数年は、アロマやハーブのクラスがfoliageのメインとなり、お花の会は年に一、二度の開催となっています。
それでも、季節の花を仕入れ、ご参加者の皆様と生きた生命である植物に触れ合える時間というものは、何度開催しても、とても貴重だと感じます。
やはり、植物や自然に携わる者の原点はここにあるし、あるべきだとも確信します。
知識が先ではなく、「触れること」。
そこからだと思います。

特にアロマのクラスをしていると、植物に触れる体験の少ない方も見られます。
本来であれば、育てるところからが本望ですが、なかなか環境的にそれが叶わない場合もあります。
そんな時は、切り花で植物の本質のエッセンスを感じ取ることができたらーーー

座学や、精油瓶、ドライハーブといった、「商品」「加工後」からのスタートではなく、そこの前にある植物の本来の姿から知って理解して頂きたい。
そこの分断された糸を、お花の会でつなぎ、ご参加者の皆様のさらなるご体験と理解に橋渡しが出来たらーーーと思います。


今回のお花の会では、春のお花を生けるテーマに沿って、どうして春になると芽吹き、花芽が伸び、植物が生き生きと活動を始めるのか。
植物生態の方面からお話をさせて頂きました。
当たり前に思える春の芽吹き、春になると花が咲くのが当たり前ーーーのように大人は思い込んでいますが、その理由はなぜなのでしょう?
知っているつもりのことも、あらためて学んでみると、植物の扉というものから見えてくる「この世の緻密さ、精巧さ」に、驚嘆せざるを得ません。

まだまだこれからも、皆様と植物の不思議にご一緒に触れ、感じ、理解を深めていきたいと思います。


写真は、お花の会で残ったお花を少し私自身も頂き、花遊びをしたもの。
お花はやはり癒し。
それに触れる時間というのは、癒しのひと時です。

さぁ、明日はアロマクラス。
また植物の違う側面から、皆さんと大事なことを分かち合える時間に感謝です。











[PR]
# by marie-foliage | 2018-04-19 04:23 | 花、植物

おなかの不調に(追記しました)

b0319247_08545138.jpg

久しぶりの、おなかの不調。
早速ハーブや自然の手当ての出番です。

ハーブや自然の手当ての良さは、効能だけではなく、リラックス効果など気分や感情にも働きかけること、また、「調子を整える」という西洋医学ではなかなかタッチできない領域の効果が期待できることです。
(例えば、おなかの調子が悪い時、一見反対の症状に思えるもの両者のどちらの「調子も整える」ことができるハーブがあるということです)

メディカルハーブでの胃腸の不調の基本の定番は、まずはジャーマン・カモミール、ペパーミントがあげられます。
さらに飲みやすくするために、消化不良や胃痛、おなかのはりにも良いレモンバーヴェナを加えるのが、個人的に好きです。

吐き気を伴う時はペパーミントでもいいのですが、変わりにジンジャーでも。(ペパーミントに突然アレルギーが出たという生徒さんがいらっしゃったので、代用も覚えておくといいです)

下痢を伴う時は、ラズベリーリーフのタンニンで収れんを。
さらにもっとひどい状態の食中毒に近い感じの時は、ブラックベリー・ルートのティーやティンクチャーを摂取します。
バリ島に旅した際には、現地のハーブ屋さんで、グアバリーフ・ティーを勧められたこともあります。
日本のものだと、葛湯もいいですね。子供が小さかった頃は、葛をつかったゼリーでおなかの調子を整えたものでした。

逆に便秘気味の時は、ダンディライオン・ルート(リーフとは効能が少々異なりますので注意が必要です)を。
ガスがたまって苦しい時は、コスメレベルの植物油にジンジャーやブラックペッパーなどを1、2滴垂らしておなかを優しくマッサージするのも、駆風作用があり助けになります。

おなかの不調には、こんにゃく湿布もいいでしょう。

ハーブティーはその時々によって、基本のハーブに色々なハーブを加えて(逆に省くことも)アレンジしますし、ティンクチャーも混ぜたり、単用したり。
また、状態によっては三年番茶に梅肉エキスを溶かして飲むことも。
自分の体が今、どの手当てと摂取を欲しているのか、静かに耳を澄ませてケアをチョイスする力を養うことも大事です。

もしこの流れで風邪になりそうな気配がしたら、頃合いを見てエキナセアも摂取してみましょう。(私はエキナセアに関しては、すぐには摂取しません)

色々な自然の手当ての引き出しがあることは、こんな時にとても役に立ち、不調だというのに、色々実験できる喜び?!も味わえます。


私が主宰するfoliageで皆様に希望するのは、購入したハーブブレンドを摂取するだけではなく、行く行くは自分でも調合できるようになって頂くこと。
市販のハーブティーブレンドのひとつひとつのハーブの意味を理解できるようになるということもありますし、何よりご自身や家族の微妙な体調、症状や好みに対応させて調合していくことこそ、一番の手当てだと思うこととーーー
自分で調合していくことで、ハーブの恵みをリアルに実感し、感謝の気持ちを持って取り入れていくことができるからです。



☞ メディカル使用のハーブは、必ず学名で確認しましょう。園芸種などでは効能が期待できないことがあります。
☞ キク科、ぶたくさアレルギーの方は、カモミールは避けましょう。
☞「ルート」ものは、他の葉っぱや花より成分抽出時間を長くしましょう。





[PR]
# by marie-foliage | 2018-04-11 07:24 | ハーブ

キッチンハーブ・ミックス

b0319247_09482709.jpg


数種の(地中海沿岸地方)ハーブをブレンドし、その複雑になった味わいで料理の風味を引き立てたり食欲を増進させたりする、ハーブミックス。

有名なところでは、皆様ブーケガルニでしたら聞き覚えがあることでしょう。
その他にも、フィーヌゼルブ、エルブ・ド・プロヴァンスなどがあります。

このハーブミックスを、皆様の生活でより活用し、楽しんで頂く為に、これらのハーブミックスを理解し、実際に作成して頂くワークショップを計画しています。

可能な限りハーブが植わっているところからの観察、小さく砕かれた市販のドライハーブのみを使用するのではなく、収穫してそのままドライになった姿も知って頂き、そこから使用部位を自分の手でしごき取り、乳鉢で砕いて頂こうと思っています。
その後、クッキングハーブのミニ・スワッグのクラフト作成を致します。

植栽、収穫、手を使って料理に使用するまでの一連の過程は、本来のハーブと私たちのあるべく姿。できるだけ、そのすべての過程を体験し、真のハーブのある暮らしのヒントになったらーーーと思います。

開催は、5月中旬以降〜6月初め頃の予定です。また詳細は、4月中にここで告知させて頂きますね。

・・・・・・・・・・・・・・・

愛する南フランスには、何度訪れたことでしょう。

しかしながら、30年ほど前、初めて南仏の地を踏んだ時の感動は、今でも忘れることができません。
ごつごつした地に自生している力強いハーブたち。そしてお店で売られている写真の「エルブ・ド・プロヴァンス」は、可愛らしいソレイアード柄の袋に詰められて、色々な所で見かけました。
懐かしいこれらの初めてのおみやげは、今でもまだその香りが残っていて、当時、見るもの聞くもの、嗅ぐもの、すべてが驚きと感動に包まれた旅の記憶が、一瞬にして蘇ってきます。











[PR]
# by marie-foliage | 2018-04-01 10:08 | ハーブ


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

ジャスミンのアンフルラージュ
at 2018-04-24 06:36
ハーブワークショップ&プラン..
at 2018-04-22 04:14
お花の会とアロマ、ハーブクラ..
at 2018-04-19 04:23
おなかの不調に(追記しました)
at 2018-04-11 07:24
キッチンハーブ・ミックス
at 2018-04-01 10:08

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

記事ランキング