ユーカリ・エッセンシャルオイルの可能性。

b0319247_15404858.jpg

ユーカリの精油が、かなり万能であることに近頃気づいています。

今までは、森林浴系のスプレー作りをする際に。そして風邪やフルー(インフルエンザ)の季節に、芳香浴としてお部屋に炊いたり、咳や気管支炎の際に植物性オイルやクリームに混ぜて胸元や喉のあたりに擦り込んだりする使い方がメインでしたが、1、2年ほど前から、汚れ落としにも頻繁に使うようになりました。ナチュラル・クリーニングを実践している我が家では、重曹やお酢にユーカリオイルを混ぜて使用することはありましたが、原液を使用することは思い浮かびませんでした!(人体に使用する際は、原液使用は禁忌ですので、ご注意下さい)
近頃では色々なものに試して、その効果、可能性にびっくりしています。

ユーカリオイルの原液で、合成樹脂製の家具やコンピューターのキーボード脇、電卓、ハサミのハンドル部分、電話機、冷蔵庫などの家電等を磨くと(柔らかい布などで磨きます)、みるみる汚れが落ちてしまうのです。但し、ペンキなどは逆に色がとれてきてしまうので、ご注意下さい。また、エナメルコーティングの鍋に精油を垂らして少し置いたり、pcのキーボードなどにも、しばらく垂らして置いておきましたら、表面がはがれてきてしまいました!原液はやはり強いです。十分お気をつけ下さい。(その他、スティッカーはがしも有効です。)

また、私は夏には自宅で白いビーサンをはいているのですが、汚れが目立ってしまうのが難点でした。が、このユーカリオイルで磨いてみたら、このビーサンも、かなり汚れが落ちて、ひとり感激してしました。しかも抗菌作用もあり、香りも清々しく、快適です。
また、以前、アロマクラスの際に精油のミルラ(樹脂の精油だけあって、なかなか粘性があるのです)を床にこぼしてしまい、重曹で磨いても何をしても、なかなか汚れが落ちずに困っていたのですが、こちらもユーカリオイルで、かなり解決!ユーカリパワー、おそるべしです。

さらに近頃発見したのがーーー。アロマクラフトをやられている方は同じ悩みがあるかと思うのですが、ビーズワックス(みつろう)を使ったクラフトを作成した後の、容器や器具の洗浄の難しさ。熱いうちにペーパータオルなどでぬぐってその後洗っていたのですが、重曹を使っても、こればかりはなかなか難しい。ずっと、ビーズワックス使用後の洗浄は課題難題でした。
今回、このユーカリオイル原液で、ビーズワックスの後始末をしてみたらーーーこれがかなりいいのです!きゅっきゅと小気味良く汚れが取れて行きます。これは皆さんもお試しの価値があるのではないでしょうか!

皆様も、こんなのも汚れが落ちました〜なんてものがありましたら、是非お知らせ下さい♪


☞ 汚れはかなり落ちますが、精油には引火性の特性がありますので、火元のそばで使用
  しないようご注意下さい。

☞ 私は、通常ユーカリ・グロブルス(Eucalyptus globulus)を使用しています。
  ユーカリ・シトリオドラ(citroodora)は、レモンユーカリのことです。
  こちらは、今の季節ですと、虫除けスプレーなどに大活用できますね。





[PR]
# by marie-foliage | 2014-07-02 08:36 | アロマ

LHASA KARNAK がお隣に引っ越し。



b0319247_04563507.jpgb0319247_04564891.jpg





















予約投稿です。(うまくいくかな?)

バークレーのハーブ専門店 LHASA KARNAK のShattuck Ave. の方の店舗がすぐお隣に引っ越ししました。(Telegraph Ave. の方はそのままです。)営業時間も少々変わったようなので、下記に記載しておきますね。

今やネットでハーブも精油も何でも購入できる時代ではありますが、やはり私は時々でもいいからお店に出向いて、実際にハーブの色味を見たり、精油の香りをかいだり、お店の人とお話したりしてコミュニケーションをとることをしていきたいなあと思っています。色々な発見やお勉強あり、情報もゲットできますし、何よりここだと、ドライハーブやスパイスもバルク売りで、必要な量だけ購入できますので、無駄もなし!

Shattuck Ave.の以前の店舗の、かなりcozy な雰囲気も㊙の場所ーーーみたいで、可愛らしくて好きだったのですが、新しいお隣の広々した店内は、それはそれで、やはり見やすくなって嬉しいです。
ドライハーブや精油も棚にずらりと並んでいます。夏休みにバークレーにいらした際には、是非ゆったり店舗になったLHASA KARNAK さんに立ち寄ってみて下さい。

b0319247_05133341.jpg

[ 新しい住所と営業時間 ]
1942 Shattuck Ave. Berkeley,CA 94704 /510-548-0372
Every Day 10:00~19:00

☞ 参考記事:「町のハーブ専門店」




[PR]
# by marie-foliage | 2014-06-25 05:22 | Berkeley,S.F.(お店含む)

リードディフューザーで爽やか空間。

b0319247_00584393.jpg


旅先から、こんにちは。こちらパリは、バークレーとほぼ似たような暑さです。(結構涼しいです)これからイタリアに入ります。

さて、日本は、梅雨の季節ですね。

どんより湿気を帯びた天候でも、ちょっとした室内香で、鬱陶しい気分もリフレッシュできます。
今回六耀社さんのコラムでご紹介させて頂いたのは、手軽にできる、リードディフューザーの作り方です。皆さんも竹串のような棒が何本もビンにささってある香りのグッズを、ショップで見かけたことがあるかと思いますが、これがとても簡単に作成できてしまいます。
また、今回ご紹介するリードディフューザーは100%天然素材ですので、漂っていても嫌にならない、清々しい香り。とても快適です。

こちら、広い空間よりは狭い場所でふとした瞬間に香るものですので、デスク周り、バスルームなどなでの活用がいいかと思います。

精油も、梅雨向けに爽やかな種類をご紹介しています。また、これからの季節、防虫効果も期待して作成するのも一案ですね。
あっという間に出来てしまいますので、皆様も是非お試し下さい。








[PR]
# by marie-foliage | 2014-06-19 15:24 | Works

US Front Lineさん「前編」掲載のお知らせ

b0319247_13595725.jpg

先日のブログ記事でもお知らせさせて頂きました US FRONT LINEさんの6/20号(前編)、7/5号(後編)の2回に渡って、「加藤万里の花のある暮らし」を掲載して頂きました。(7/5号は、7月5日前に発売になりますのでご了承下さいませ。)

今回の記事は、シーン別に(玄関のお花、リビングのお花〜などなど)暮らしの中で気軽にお花をあしらって楽しむいろいろ、そして私流の花のある暮らしのとらえ方を綴っています。アレンジは、なんの変哲もない普段着の、皆さんにもすぐ真似して取り入れて頂けるようなカジュアルで肩の力の抜けたものばかり。後編では、フラワーアレンジだけでなく、ガーデニングなど育てる方のお話もちょっとだけ散りばめています。

どうぞお近くの日系ストアなどでお手に取ってご覧になってみて下さいね。
デジタル版でもご覧になれるそうです。
こちらから/左下にある「お選び下さい」から「美人帝国」をチョイスして下さい。
 49〜50頁)

お世話になりましたフリーライターの福田恵子さん、Front Line の担当者様、有り難うございました。

☞ 後半ご案内記事はこちらから。


[PR]
# by marie-foliage | 2014-06-17 15:02 | Works

私の旅支度。

b0319247_07250096.jpg

夏休み前のクラス、仕事もすべて終わり、今日から一気にバークレーの街もゆったりとした夏休みモードに入りました。
そんな中、ぎりぎり魔の私は、あたふたと旅の支度をしています。

特に異国の旅の途中で病気や具合が良くなくなったりすると、それだけで色々不便だったり残念だったり。
普段から自分が使っている手当てケアセットを持参して、いざという時に対応するため、パッキングします。いつもの慣れ親しんだあれこれがあると、旅先でも心強く安心。そんなわけで、今までの旅の経験から、私は旅に絶対持参するというものがあります。

何よりもまず先に準備するのは、ハーブティーたち。たかがティー、されどティー。ちょっと調子がおかしいかな?と思ったら迅速にティーを摂ると、お薬に頼らずともかなりの効果が期待できます。


・飛行機内で気分がすぐれなくなった時に:ペパーミント、ジンジャーティー。
 (乗り物酔いにも)          ペパーミント精油をかぐのも効果が期待できま
                    す。
 
・飛行機内での不安に:カモミールティー、パッションフラワーティー、
           レモンバームティーなど。
          (その他セントジョンズワートティンクチャーなど)

・風邪の初期に:エキナセア、カモミールティー。番茶に梅肉エキスを溶かしても。

・咳に:Throat Coat tea。

・消化不良、胃の調子が悪い時に:レモンバームティー。カモミールティー。
                ペパーミントティー。

・おなかの調子が悪い時に、下痢に:梅肉エキス(番茶に溶かして飲んでも)。
                 ラズベリーティー。

・便秘に:ダンディライオンルートティー。ローズヒップティー。

・旅のビタミン、ミネラル補給に:ネトルティー。

・ものもらいになった時に:番茶に梅肉エキスを溶かして飲み、他に濃く出した番茶に
             自然塩を入れてガーゼで目に湿布。
             カモミールティーのティーバックを冷まして眼に湿布しても。


これらのティーの他に、上記にも記載してある梅肉エキス、びわの葉エキス(傷、打撲、肌のトラブルなどに)、そして夏で蚊にさされそうな場合は、手作り虫除けスプレージェルを持参します。
(ハーブティーは、Traditional Medicinals のものを信頼し愛用しています。さまざまな症状に対応できるハーブティーがたくさんです)

これだけあったら、まずはひと安心。
以前、六耀社さんのコラムで、ヘルスケア以外にも旅支度に便利な色々を記事にしたことがあります。これから旅に出られる方は、どうぞご参考まで。




旅の間も、時々予約投稿してあります。どうぞ、のぞきに来て下さいね♪



[PR]
# by marie-foliage | 2014-06-17 06:34 | 健康


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

早春の小さな花束
at 2018-02-20 06:00
手紙というノスタルジックな手法
at 2018-02-16 08:08
"Preserved" in..
at 2018-02-09 15:47
Berkeley Farme..
at 2018-02-06 11:58
天体の流れの中に私たちはいる..
at 2018-02-01 04:18

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

記事ランキング