Skullcap

b0319247_03553110.jpg


我が家にとって、「うつくしい5月」は、「忙しい5月」とも言い変えられるほど色々慌ただしい月。
学期末に向けての子ども関連の行事の他、お花のイベント、誕生日、記念日と家族行事が連なります。

こんな時に限って仕事も重なりに重なってしまい、この忙しい状況を楽しもうと発想の転換を試みたものの、さすがにひとりで抱え込むには限界があり。アタマはパンク寸前、あれこれと心配したり考え込んだり眠れない夜がありました。
そんな時、ふと思い付いたのが、ハーブのこと。
こういう時こそティンクチャーの力を借りようと、夜寝る前に、神経の沈静化に効果のある作り置きのバレリアンとスカルキャップを手に取りました。

今回は、考えすぎて思考が止まらない時、ふっとハーブの持つ力で優しく力を抜けさせ、気分の転換を促してくれるハーブ、スカルキャップを摂取してみたのですが、単品で摂るのは初めてのこと。今までは、他のハーブとブレンドして飛行機に乗る時に摂取していたので、単品をじっくり味わうことがありませんでした。

スカルキャップは、バレリアンやすみれなどを思わせる独特の甘い香りがありますが、口に含むと、少し苦みもあり。

この単品ハーブのスカルキャップのティンクチャーを摂取してベッドに入ると、自分でがんじがらめにしていたとりとめもない思考の輪から、いつの間にか解放され、気がつくと眠りに落ちていました。翌日も、そしてその翌日も、スカルキャップの力に、私は助けてもらいました。

ハーブは、優しく、力強い。
ひっそりとそこに在るだけなのに、しっかりと人にも働きかけ、見返りも何も求めません。ハーブと人間の関係は、本当は地球創世の頃から、こんな風に既に用意されていたものなのかもしれないーーーそんなことがふと脳裏をよぎります。大いなる存在の計らいによって。

心配、不安ーーー。これによって人間がその後の達成感をもって成長できることもありますが、その度合いが逆転して自分の限界に達した時。
すべてを、他のものに委ねて手放していればいいんだよということを、スカルキャップは教えてくれたような気がします。

  一回10滴をコップ1/2〜1カップの水かお湯で薄めて摂取。一日3回まで。

☞ Skullcap --- 学名:Scutellaria lateriflora L.
      [ラテン語]scutella(scutra/皿)latus(側面)florus(花の)
      鎮静、鎮痙作用。神経疲労、不安、緊張、不眠、興奮、ヒステリー、鬱、
      パニック、PMS,更年期症状の精神的症状に。
      疲れているのに眠れない夜に。
 

[PR]
# by marie-foliage | 2014-05-13 03:53 | ハーブ

20th Anniversary party 終了しました。

b0319247_12565772.jpg

先週末、無事に、foliage 20th Anniversary Party が終了致しました。

バラが満開の庭にて、晴天にも恵まれ、皆さんとおいしいフード、楽しいおしゃべりに花を咲かせ、穏やかで楽しいしあわせなひと時を送ることができました。
お忙しい中お越し頂きました皆様、残念ながらご都合が合わずご参加頂けなかった皆様、すべての皆様に心より感謝申し上げます。

ご参加頂いた皆様にもお伝えさせて頂いたことなのですがーーー

foliageという名称は、1996年に、夫が考え付いてくれたものです。
すべてのグリーンの総称という意味を持つ「foliage」は、どんな花も木も、最初は必ずグリーンの芽からスタートするというbaseであること、そして、この地球上を緑いっぱいに輝かせたいーーーと願う自分に、今更ながらこれ以上の名称はなかったと、自負しております。
また、2011年に加わったアロマクラスの名称「Essence」も、夫がぽっと考え付いてくれました。これも、よくよく調べれば、「本質」という意味をも持つ深い言葉です。植物の中に潜む大事なことを、参加者の皆さんと感じ合うーーー。それが私の一番望むことですから、この名称もまた、驚くほどぴったりであったと思っております。

そんな「foliage」ーーー「緑の仲間」である、お花の会のご参加者さんと歴代のアロマクラスの皆様が一堂に会して交流できる場を持つことは、長年の私の夢のひとつでしたが、今回それが、ついに叶いました。
その仲間たちが揃い、溶け合い、また何か新しいものや素敵なものを生み出したり交友関係が広がっていくのなら、それはとても素晴らしい、嬉しいことだと思っています。
またいつの日か、こんな至福の機会を持つ事ができたらーーーと思っています。

今回は、この20年間のアルバムや、自分の仕事の一部を展示させて頂きました。
自分の中では「当たり前」になっている事柄でしたが、過去の私(笑)をご存じない皆さんにはとても興味深く、楽しいものだったようです。何の出しものもないパーティーでしたが、foliageの歴史を皆さんに垣間見て頂き、本当に良かったと思っております。


Food は、前記事でもご紹介した通り、友人Kelsie が近頃オープンしたばかりのSTANDARD FAREさんから。そして可愛いいちごのカップケーキはSketch さんにお願い致しました。さすがプロ、とても満足のいくお味でした!また皆さんに、私の愛する Juniper Ridgeの、かぐわしいcologne などもご紹介させて頂くことができました。
すべて、私が心底愛し、納得し、自信を持って皆様にご紹介したいバークレーLocalのプロフェッショナルばかりです。
ご尽力頂いたすべての皆様に、心から感謝致します。(Juniper Ridgeさんをお届けするに当たり、Eriko's Touch/sikincare studio のErikoさんにもお力を頂き、誠に有り難うございました。)
また、さまざまなお手伝いをして下さったすべての皆様に、心より感謝申し上げます。

これからも、ご縁の繋がった皆様と、ますます植物の世界をご一緒に深め、楽しんでいきたいと思っております。
今後とも、foliage をどうぞ宜しくお願い致します。

*お写真が、殆ど撮れませんでした。笑 ほんの少しですが、後ほどMore に入れておきますね。

b0319247_13320698.jpg





More
[PR]
# by marie-foliage | 2014-05-07 13:32 | お花の会 Botanica

foliage 20th Party もうすぐ。

b0319247_04091424.jpg


先月の4月2日で、FOLIAGEも御陰様を持ちまして20周年を迎えることができました。

途中、出産や引っ越し、時には休息のために一時期お休みを頂いた時期もありますが、花との関係をお休みした時期は意気消沈、元気がなくなり、(笑)どうしても皆さんと集まってお花を囲みたくなります。面白い性分だと思います。
「続けたい、続けなければ」と思ったわけではなく、「毎回楽しくて」の連続が今日までの道のりを作ったという感じです。

いつも思うのは、植物が好きで好きで仕方なく、その溢れる想いを自分だけでは受け止めきれなくて、皆さんをも道連れにし、お付き合い頂いているような。ですので、今までご参加頂いた皆様がいて下さったからこそ、私自身もしあわせになれ、こういった場がつくられて継続してこれたと思っております。皆様、本当に有り難うございます。

20周年Annniversary パーティーもいよいよあさってに迫り、ロス時代のアルバム、そしてバークレーに越してからのアルバムなども整理していますと、本当に多くの方々に支えられて今日まで来たのだなあと、あらためて感謝の気持ちでいっぱいになります。

ロス時代のご参加者の皆様、そしてこちらベイエリアで今までご参加頂いた皆様、すべての方をパーティーにご招待できないのが、本当に心苦しいばかりですが、このブログ上にて、心からの感謝を申し上げます。
また、当日は日本語補修校の懇談会、参観日でもあるそうで、さらに他のご都合でご参加頂けなかった皆様、本当にごめんなさい!
また何かの形で皆様に感謝をお伝えできたらと思っております。

土曜日、庭の満開の花たち共々、皆さんのおいでを楽しみにお待ちしております。


☞ 当日のFood は、友人Kelsie のオープンしたてのお店、STANDARD FARE さんより、  スイーツは、バークレー4th street にある、私の大好きなアイスクリーム屋さん 
  Sketch さん(過去記事:こちら)よりサーブさせて頂きます。




[PR]
# by marie-foliage | 2014-05-02 04:21 | お花の会 Botanica

May flower basket.

b0319247_15061644.jpg

美しい季節5月も目前となりました。まさに、「輝きの、季節」ですね。

今回の六耀社さんのコラムは、5月の行事「メイ・フェア」と、5月1日のMay day に贈るMay basket のお話を。
庭から摘んだお花をさりげなく小さなバスケットにあしらい、春の歓びを家族やご近所の方々、お友達と分かち合うのは、殺伐とした現代に必要な、潤いのエッセンスになるのではないでしょうか。

皆様にも、こんな夢あふれるアイデアを暮らしに取り入れ、楽しんで頂けたらと思います。







[PR]
# by marie-foliage | 2014-04-28 15:00 | Works

ビバーナム・スノーボール

b0319247_06405217.jpg
ビバーナムの季節になりました。

枝からぱつん、ぱつんと新緑を出したかと思ったら、あっという間にうすい黄緑色の若いお花をつけ始めました。
そのうち、おっとりやわらか、やさしいホワイトの花に変化していきます。

このお花は、生徒さんや友人の間でも、とても人気の高いお花のひとつ。
ころころまんまる、乙女心をつかむ理由はそこにあるのかな。

花の時期はそんなに長くないので、咲いているうちは、枝振りを生かして大きく飾ったり、花首だけ、こんな風にお水に浮かせたり。
かわいい、かわいい、と思う存分楽しみます。
お花が終わりになってくると、ちょっと触れるだけで、花々がちらちら、はらはら散り。
五つの花びらをつけた、さらにちっちゃなお花が、また可愛くて。


❋ ただ今、US FRONT LINE さんの取材準備中。6月と7月に掲載予定です。
 また来月にでも、お知らせ致します。



[PR]
# by marie-foliage | 2014-04-23 06:52 | 花、植物


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

9月メディシナルハーブ・ベー..
at 2017-08-19 01:57
オランダのアンティーク
at 2017-08-11 04:18
ゾイデル海ミュージアム(2)..
at 2017-07-31 01:22
ゾイデル海ミュージアム(1)..
at 2017-07-28 18:22
Teylers Museum
at 2017-07-25 13:59

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング