アロマイントロ平日クラスご案内

b0319247_12592566.jpg

本年度のアロマイントロ週末クラスも、いよいよ今週末日曜に迫りました。
平日クラスの方はしばし日程調整をしておりましたが、来月4月12日(水)に決定致しました。
こちらのクラスはまだお席がございますので、もしご興味のある方がいらっしゃいましたらば、どうぞお気軽にお問い合わせ、お申し込み下さいませ。
ウエブサイトのcontactからどうぞ)

アロマのコースクラスをお考えの皆様、一回のみアロマの世界を体験してみたい皆様、本年度最後のこの機会に是非是非どうぞ!
皆様のご参加を、心より楽しみにお待ちしております。
(写真はイメージで、クラス内容を表すものではございませんので予めご了承下さいませ)






[PR]
# by marie-foliage | 2017-03-17 13:00 | アロマクラス Essence

クラブアップルへ。

b0319247_05375402.jpg

バークレーもすっかり春めいて、ついに庭のクラブアップルの木の花が咲き始めました。

実は昨年からの家のリノベーションにあたり、どうしてもこの木を残したくて、ぎりぎりの設計でサンルームを増築したのですが、作業のために枝はかなり払われ、いのちを繋いでくれるかどうか、ずっと心配に思いながら見守ってきました。

まだ肌寒い早春の頃、枝にぎっしりと固い蕾が付き始め、近頃のこの陽気で、ついにぱらりぱらりと花が咲き始めました。
根っこも大部取られ、枝もかなり払われたのに、こうしてまた花を付けてくれる、この植物の生命力ーーー。

その力を思うと、胸が一杯になります。
そして、生命って、本来はこんなに強くてたくましくて、輝きに満ちているんだーーーということを、教えてもらうのです。


まだ咲き始めたばかりの花を、手で摘んで(金属の道具/ハサミなどを介さずにーーー)、ピュアなお水に浸し、太陽の光を浴びさせます。
クラブアップルの持っている力が、お水に溶け込む(転写される)ように・・・

そして、その力を分け与えて頂けるように、後でこのお水で喉を潤してみたいと思います。


植物の力に、エネルギーに、ただただありがとう。
クラブアップルの木へ、ただただありがとう。
その気持ちで一杯です。

b0319247_06265536.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


クラブアップルのフラワーエッセンスは、「清浄」「浄化」の力を期待できるようです。
More ↓ にバッチ・フラワーレメディーの参考詳細を記載しておきました。


b0319247_14303391.png



More/フラワーエッセンス
[PR]
# by marie-foliage | 2017-03-13 05:49 | 花、植物

ガーデニングシーズン到来

b0319247_09033247.jpg


長雨の続いたバークレーにも、やっと春がやってきました。
今日は小春日和でカリフォルニアらしいピカピカのお天気。ご近所さんも、みんな待ち構えていたように庭に出て冬の間の庭のお掃除やケアを。

鳥の声を聞きながら冬の間にジャングルになってしまった庭の手入れをしていると、しみじみ「生きている」という実感が湧いてきます。
室内で過ごすのもそれはそれで楽しみがありますが、やはり庭に出て、春の空気を吸いながら土に触れ草花の世話をしていると、自分は地球上の生きもののひとつなんだなぁ。。。と自然に思えます。

この生きる力が、足下から湧いてくる感じ。
だから春が、大好きです。


去年からの家の工事に伴い、昨年は殆ど庭のことを出来ず、かなり荒れ果ててしまったので、今年は気持ちを入れ替えて庭もしっかりケアをし、改造していこうと思っています。
foliageのクラスでお分けする予定の苗も着々と育って、皆様との出逢いを楽しみにしているかのよう。

またこの春〜初夏のfoliageのクラスやワークショップなど、3月中にご案内出来たらと思っています。

庭のデッキもほんの少しだけ拡張され、デッキに面して増設したサンルームも皆様に楽しんで頂けたらと思っております。
どうぞ皆様、またクラスやワークショップに、是非お越し下さいね。


さぁ、これから、植物好きには一番幸せな季節がやってきます。
今年も皆様とこのワクワクと幸せをご一緒させて頂けたら嬉しいです。



写真はこの陽気で庭に開花していたミニバラ、「グリーンアイス」。お水が好きで、半日陰を好みます。


b0319247_14303391.png


[PR]
# by marie-foliage | 2017-03-09 09:15 | 花、植物

スギナの多大なる力

b0319247_04494942.jpg
<こちらの記事は、今後も新しい知識、更新情報を追記して参ります>


ホーステール(Horsetail)と言われるとピンと来ない方も、スギナと聞くと、お分かりになるかもしれません。
ではスギナとつくしは同じものかと言うと、同一植物で、スギナは栄養茎、つくしはスギナの胞子茎(花に相当する器官)に当たります。(右下の図を参照のこと)早春につくしが出た後、緑色のスギナが出てきます。

増えて困ると言われるスギナですが、この繁殖力こそ、私たち人間にもエネルギーを与えてくれる証なのかもしれません。


日本では東城百合子さんの「自然療法」でも、びわの葉と同じくその多大なる効能が知られているスギナですが、西洋のメディカルハーブの世界では、ちょっぴり脇に置かれているような位置づけでしょうか?

しかしながら、年齢を重ねるに従い弱くなってきているのを実感する爪、髪、骨、歯を、スギナに多く含まれているケイ素が強化するとなると、私的には見逃せないハーブの一つです。
近頃は、気が付いた時にハーブティーにして意識的に摂取しています。(熱湯で長時間煎じると、有効成分のケイ素が飛んでしまうそうなので、ご注意下さい)

もちろんそれ以外にも沢山の効能があり、昔から創傷治癒のハーブとして知られておりますし、リウマチや関節炎、そして緩和な利尿剤にもなるので、膀胱炎、尿道炎、排尿障害、良性の前立腺肥大などにも利用価値があります。
自然療法の世界では、「難病のくすり」としても知られています。(下記⇩参照のこと)

摂取、利用の仕方は症状により、ティーだけでなく、チンクチャー摂取、湿布、腰湯などさまざまに使い分けできます。


スギナの一番の特徴はケイ素ですが、その成分が含まれるが故に、がさがさする葉っぱを利用して、昔はメタルや木のポリッシュに使っていたのだとか。そして、英名では"Horsetail"の他に、"Bottlebrush"という別名もあるのですが、正にボトルのブラッシングにも使われていたそうです。
“Horsetail"の名の由来は、昔家畜のしっぽに、このスギナを一緒に結びつけてハエ除けにしていたからだそう。面白いですね!

ケイ素の他にもスギナはたくさんのミネラルを含み、「ミネラルの宝庫」と言われるほどで、カルシウムなどはほうれん草の155倍も含んでいるのだとか!野菜からだけでなく、このような薬草からも摂取しない手はありません。


実はこのスギナ、古生代からある、原始植物の一つです。
約3億年前、スギナの先祖は木のように背が高く(なんと数十メートル!)、大繁栄していたそうです。その後絶滅していきますが、生き残ったものが、今のスギナ、末裔となりました。
プリミティブないのちのDNAを持つスギナ、古生代の息吹を感じながら利用してみるのも夢が広がります。



スギナ/HORSETAIL 
(Bottlebrush)                  
b0319247_09142143.jpg学名:Equisetum arvense
トクサ科 
使用部位は、葉茎


☞ 心臓、腎臓の機能不全には禁忌。その他、妊娠中、授乳中、そして
微量ながらニコチンも含むため、ニコチンに敏感な方は注意する。
まれにスギナアレルギーの方もいるので、そちらも注意の事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スギナは難病のくすり

ガンや糖尿病、腎臓炎、結石、カリエス、肝臓病、胆嚢炎、リウマチ、神経痛その他に
驚くべき効果がある。
スギナは3〜16%の珪酸を含んでおり、この珪酸と共に他に含まれる未知成分が
多くの難病を治す力になっていると言われている。

化学肥料(や農薬)のまかれた土地に生えているものは避け、森の中や林の中のものが
特に効能が大きい。


                          「家庭でできる自然療法」東城百合子






参考文献: "Encyclopedia of HERBAL MEDICINE" Andrew Chevallier  「家庭でできる自然療法」東城百合子
       「英国流 メディカルハーブ」リエコ・大島・バークレー
       



[PR]
# by marie-foliage | 2017-02-22 09:05 | ハーブ

どんなもの、どんな人にもある役割。

b0319247_08502465.jpg


インドのある水汲み人足は2つの壺をもっていました。
天秤棒の端にそれぞれの壺をさげ、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、
彼は水を運びます。

その壺のひとつにはひびが入っています。
もうひとつの完璧な壺が、小川からご主人様の家まで一滴の水もこぼさないのに、
ひび割れ壺は人足が水をいっぱい入れてくれても、
ご主人様の家に着くころには半分になっているのです。

完璧な壺は、いつも自分を誇りに思っていました。
なぜなら、彼がつくられたその本来の目的をいつも達成することができたから。

ひび割れ壺はいつも自分を恥じていました。
なぜなら、彼がつくられたその本来の目的を、彼は半分しか達成することができなかったから。


2年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壺は、ある日、
川のほとりで水汲み人足に話しかけました。

「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている」

「なぜそんなふうに思うの?」
水汲み人足はたずねました。
「何を恥じているの?」

「この2年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人様の家まで水を半分しか運べなかった。
水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、
その努力が報われることがない。私はそれがつらいんだ」

壺は言いました。


水汲み人足は、ひび割れ壺を気の毒に思い、そして言いました。
「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花をみてごらん」

天秤棒にぶらさげられて丘を登っていくとき、
ひび割れ壺はお日様に照らされ美しく咲き誇る道端の花に気づきました。

花は本当に美しく、壺はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家に着くころには、
また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、水汲み人足に謝りました。


すると彼は言ったのです。

「道端の花に気づいたかい?
花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?

僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。
そして君は毎日、僕たちが小川から帰る途中水をまいてくれた。

この2年間、僕はご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。
君があるがままの君じゃなかったら、
ご主人様はこの美しさで家を飾ることはできなかったんだよ」


作者不詳 菅原裕子訳

Christmas rose---Helleborus orientalis

[PR]
# by marie-foliage | 2017-02-12 08:53 | 心への言葉


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

foliage 夏休み
at 2017-06-17 10:30
香りの花束は癒しの花束
at 2017-06-08 06:43
A variety of f..
at 2017-06-01 06:28
"Paris childho..
at 2017-05-19 04:07
芳香蒸留水作り
at 2017-05-12 00:47

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

記事ランキング