<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


foliage / 秋、冬の予定とお知らせ

b0319247_10491225.jpg


バークレーも雨の日が少しずつ多くなってきて、いよいよ秋の深まりを感じる今日この頃です。

さて、もうすぐハロウィーンですが、ハロウィーン明けからfoliageのこの秋、冬のクラスやワークショップのご案内、お申し込みを一斉にさせて頂く予定です。
秋のお花の会は残念ながらプランが間に合いませんでしたが、クリスマス関連のクラスなどは色々検討中です。
(クラスの際には、クリスマス・フェアも開催予定です。クリスマスのギフトなど色々取り揃えてみたいと思います。どうぞお楽しみに!)
今年は私も時間的にも心に余裕があるので、こんな風にゆっくりクリスマスのクラスについて思いめぐらしたり検討できたりすることが、とても有り難く。楽しみです。
皆様にも楽しんで頂けるよう、色々準備を進めていきたいと思っております。

こんな内容のクラス、ワークショップに参加してみたい!というご要望がございましたらば、お気軽にお声をお届け下さい。


また、かなり早いお知らせになりますが、年明けすぐには第二回目のメディシナルハーブ・ベーシッククラスを開催予定です。
ご希望の方は、日程のご希望などお知らせ頂けましたら参考にさせて頂き、日程を組むことができますので、どうぞお早めにお知らせ下さいね。
(ウエブサイトのcontact、もしくはこちらのコメント欄でも結構です)

2017年度(第7期生)アロマコースクラスにさきがけて、イントロクラスも年明けの1月頃から告知致します。(詳細は、下記*印のところにリンクさせております)

クラス、ワークショップの告知は、こちらのブログやウエブサイトのnewsなどからご確認下さいませ。


では、皆様も引き続き良い秋の日々をお過ごし下さい。
皆様と、またクラスやワークショップでお目にかかれますのを、今から楽しみにお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*クリスマスのクラス、ワークショップの告知、募集予定/2016年11月初旬
*第二回 メディシナルハーブ・ベーシッククラスの告知、募集予定/2016年12月頃
*2017年度(第7期生)のアロマ・イントロクラスのご案内告知/年明け2017年1月頃










[PR]
by marie-foliage | 2016-10-25 10:59 | お知らせ

乳鉢コレクション

b0319247_14194068.jpg

Instagram にも夏にpost したお写真、今頃になってしまいましたが、こちらのブログにも・・・!

私の乳鉢コレクションの一部です。
アンティークの物あり、新しい物あり、頂き物あり、旅の思い出あり・・・

私が乳鉢が好きだと自覚したのは、もう20年以上も前、初めてプロヴァンスを訪れた時のこと。
日本のハーブの第一人者、広田せい子さんの「南仏プロヴァンスのハーブたち」というご本に載っていた、「ユゼス」という街のマーケットに夢が叶って出かけた時、そこにわんさと売られていた木製の乳鉢に無性に惹かれ、それから知らずと乳鉢に目がいくようになりました。

ユゼスの街には、「ハーブ広場」を意味する "Place aux Herbas"のサインがあると広田さんのご本にお写真が載ってあり、どうしてもそれを見てみたかったわけなのですが、当時のユゼスの市はハーブ、スパイスはもちろんのこと、初めてみるカヌレ型のようなチーズや、ハーブやにんにく入りのオリーブオイルの数々、ソレイアードという(別名:プロヴァンスプリントとも言われる)南仏伝統のパターンの布・・・などなど、それはそれは夢のような大きな市で、私はもう夢中になってしまいました。
いつまでもこのマーケットに入り浸っていたいーーー
そんな楽しくも、心に大きなインパクトのあった、大事な思い出の市です。

私が求めた木製の乳鉢も、バジルのソース、ペストゥを作るためのものだったり、にんにくやオリーブ、ハーブやスパイスををすり潰したりするために、現地の人が日常的に使用するものだったのでしょうね。


それから年月が経ち、本格的にハーブを暮らしに取り入れ始めた頃から、乳鉢は私の中の「シンボル」のような存在になりました。

「自分を癒す緑のお薬を、自分の手で作ってみましょう。」
こんな私の気持ちを、乳鉢が表してくれているように思うのです。

ユゼスの市には、たくさんのドライハーブやスパイスが、袋に入ってバルク売りされていました。
現地の人たちが、これらを自分で調合して自宅で飲んだり使ったりしているーーーというその暮らしぶりは、正に私の理想そのものだったのです。

自分で自分や家族のための緑の薬を作る・・・暮らしの中で、医食同源として、まずは家庭で自分たちの健康を大切にして、守る。
それが、私たちの自然治癒力にも、きっと大きな効果をもたらすだろうと感じるのです。


今は、ただ飾るだけの乳鉢も沢山ですが(笑)、年々増えていくこれらのコレクション・・・
いつまでこの旅は続くのか分かりませんが、私の乳鉢に対する愛は、いっこうにおさまる気配を見せません。

私のハーブ仕事の信念のようなものの火が燃え尽きる迄(なんて、かっこよすぎですね!)、乳鉢は私の心のシンボルとしてそばにいてくれることでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☞ 2010年にユゼスを再訪した記事はこちら

☞ 今年訪れたバリでも、石の乳鉢が多用されていました。関連記事はこちらから。

トップ写真の乳鉢たちは、潰したり混ぜたりが使いいいですが、すり潰してパウダーなどにするにはちょっと難しいです。
そういう意味で、日本のごますり鉢は優秀ですね!!見直したい逸品です。




[PR]
by marie-foliage | 2016-10-14 14:45 | 愛用品

ハーブクラス"Voice" (ご参加者の皆様からのお声)

b0319247_08425274.jpg

FOLIAGE -Herboristerie- ハーブクラス

2016年秋、foliageのハーブクラスはあらためて体系立てられ、リスタート致しました。
ここでは、ハーブクラスのご参加者さんの皆様から寄せられたお声を掲載させて頂いております。(今後、追記していく予定です)
ハーブクラスにご興味のある方、ご参加を考えてらっしゃる方のご参考になりましたら幸いです。

このブログに掲載させて頂くことをご快諾下さいました皆様、有り難うございました。この場を借りて、再度お礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まりさんの講義は想像していたのをはるかに超える濃度と密度で素晴らしかったです。
私は東京で育ちましたが、今はサンフランシスコで代替医療が当たり前の環境で暮らしています。
サンフランシスコに来てから普段の生活の中で特に気にせず使っていたもの(肌荒れにはカレンデュラとオーツ、妊娠後期にはevening primrose、目の炎症にはカモミール、などなど)について、体系的に学ぶことができてとてもよかったです。
自分の専門を深める上でもとても役立ちました。

何より感動したのはまりさんの信念というか、地球上の生き物がつながりあって寄り添いあって生きているということ、生命に対する敬意、畏れの気持ち、植物と向き合う真摯な姿勢、そしてまりさんの在り方そのものでした。
昨日はクラスの間、何度も涙が出そうになりました。
私は農業で「育てて食べる」ことをしていますが、専門が少し違っても、一生命として生命に向き合う姿勢はみんなつながっているのだなあと感じて嬉しく思いました。
ハーブについてはずっと学びたいと思っていたけれど、まりさんから教わることができて本当によかったです。

2016年秋 メディシナルハーブ・ベーシッククラスご参加 K.O.様


ハーブ・ベーシッククラス、とても良かったです。とても深い内容で、感動しました。
こういう深い世界を、私たちの心に投げかけてくれるのが万里さんのクラスなんだなあ、と久しぶりにクラスを取って、あらためて感じました。
アロマにしてもメディカルハーブにしても、メカニカルな内容のクラスもあるのかもしれないけれど、万里さんのクラスは、この世に存在するいのちの微妙なバランス、神様が与えてくれたもの、それらを意識すると世界がまるで違ってくることーーー。
それらのことを真摯に伝えてくれて、そして生きているいのちを心から慈しむことを思い出させてくれて、感動でした。
また次のクラスがとても楽しみです。

2016年秋 メディシナルハーブ・ベーシッククラスご参加 H.W.様




☞ こちらの記事は、「ハーブクラス-Apotheca- ご案内
  「メディシナルハーブ・ベーシッククラスご案内」の記事に掲載させて頂いております。





[PR]
by marie-foliage | 2016-10-08 08:55 | ハーブクラスHerboristerie

タプナード

b0319247_06224008.jpg


いよいよ明日からメディシナルハーブ・ベーシッククラスが始まります。
こちらのクラスのリフレッシュメントにお出しするメニューがなかなか決まらず、ずっと悩んでいたのですが・・・
直前になって、IG でタプナードをご紹介してらっしゃる方の投稿と偶然巡り会い、早速試作。これがとても美味しかったので、早速クラスのメニューの一品に決定しました。(有り難い偶然に感謝!)☞ タプナードとは

タプナードでリサーチしてみると、いろんな作り方があるのですね。
私はとりあえず、下記のようなレシピに仕立ててみました。(ちょっとしょっぱめで、どちらかと言うと、お茶の時間より、ワインに合いそう・・・!)
ご参考まで。

クラスでお目にかかれる皆様は、お茶の時間もどうぞお楽しみに♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・オリーブ(黒、グリーンどちらでも。もしくはミックスしても):約1カップ(200ml)
      専門店の方に、種つきの方が味が良いと勧められました。
      オリーブを包丁の腹で上から押すとオリーブがきゅっと潰れ、
      その後種を除きます。意外に簡単です。
      オリーブの種類によって最初からしょっぱめの物もあるのでご注意下さい。

・ガーリック:1/2〜1片

・ケイパー:小さじ1/4〜1/4強(お好みで)

・アンチョビ:大さじ1/2〜1弱(しょっぱいので、お好み、ブランドで調整して下さい)

・オリーブオイル:少々

・お好みでバジルを混ぜたり、添えて。

・まつの実、アーモンド、くるみなど混ぜてもこくが出るそうです。
 ヘンプシード(麻の実ナッツ)も合いそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上の材料をブレンダーなどにかけてペースト状にするだけ。冷凍もできます。

バゲットやクラッカー、パスタや炒め物に利用します。ワインのお供にも最高ですね。



b0319247_14303391.png


[PR]
by marie-foliage | 2016-10-02 06:31 | 料理


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

ユトレヒトの花市場
at 2017-09-14 14:12
Thyme ハニーシロップ
at 2017-09-07 03:59
ユトレヒトでの不思議な出逢い。
at 2017-09-03 13:30
リンネ縁の地/ライデン大学
at 2017-08-25 01:05
9月メディシナルハーブ・ベー..
at 2017-08-19 01:57

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング