カテゴリ:Works( 9 )


六耀社さんコラム最終回

b0319247_06205881.jpg


2010年4月より4年半以上に渡り連載をさせて頂きました、六耀社さんのコラム、「スローライフ イン バークレー」を、今回をもって終了させて頂くことに致しました。

長らくご愛読頂きました皆様に、深く感謝申し上げます。


連載時に、時々モデルとして「あれ持って、これ持って」「こういうポーズで」と写真に登場させた娘も、スタート時には10歳だったのが今では高校生となりました。
娘の誕生日パーティーのアイデアが一番最初の記事だったことを、懐かしく思い出します。

今までシェアさせて頂いた51件の記事が、今後も何らかの形で皆様の暮らしにお役に立ちましたら、幸いに思います。

このような貴重な場と機会を与えて下さった六耀社の宮崎さんに、心からお礼申し上げます。有り難うございました。
そしてご愛読頂きました皆様と、またあらたな機会や場でお目にかかれるのを、楽しみにしております。




Photo: © Madelene Farin




More
[PR]
by marie-foliage | 2014-12-20 06:43 | Works

「我が家の緑の薬箱」

今回の六耀社さんのコラム記事では、「我が家の緑の薬箱」をご紹介させて頂きました。

今まで、さまざまな家庭でできる手当法、緑のお薬の作り方など記事にさせて頂いて参りましたが、その総まとめとして、一家にひとつ、「これだけあれば」の選りすぐりのものをまとめております。

皆さんご自身、そしてご家族のために、手作りの緑のお薬を暮らしのお供にしていきたいーーーという方のご参考になれば、と思います。
是非各ご家庭の需要と必要性に応じた「オリジナルの緑の薬箱」を、ご用意されてみて下さいね。



b0319247_08442932.jpgb0319247_08440756.jpg
[PR]
by marie-foliage | 2014-10-28 08:59 | Works

コミュニティ・ハーバリストNic.


b0319247_14035817.jpg


昨年、FOLIAGEの以前のブログにて記事にさせて頂いたことがありますが(こちら)、オークランドに 2012年、Homestead apothecary というアポセカリー・ハーブショップを構えた Nic のことを、本格的に取材したいと、ずっと思っていました。

彼の、メディシナル・ハーブに対する愛情とパッション、そしてメディシナル・ハーブを介して、既にこの辺りで形成されているローカルフードのようなコミュニティ+ムーブメントを創り上げたいという想いに、とても共鳴すると同時に、なぜそのような原動力が彼にあるのか。とても知りたいと思ったのです。

今回あらためて彼のお話を聞いて、私自身が共鳴、共感すると同時に、とてもインスパイヤされました。

彼のパッションの源は、彼自身の病気がハーブにて回復した経験から来ていました。
そして、ただ「ハーブ商品」を購入するだけでなく、自分でハーブを扱えるようになってほしいという想い。
それは、彼の人生という枠を超え、社会にまで静かながらも確実な波紋を広げていっているようです。

彼の熱いパッションやアイデアが、日本の皆様の(もちろん海外在住の皆様も!)インスピレーションの基になったり参考になりましたら幸いです。是非とも、ご一読下さいませ。




b0319247_14034987.jpg
☞ 今年の夏、San Fransisco Chronicle にも記事として掲載されたNic。

Nic のF.B.でも六耀社さんのコラムを紹介して頂きました。


More/Nic
[PR]
by marie-foliage | 2014-09-08 13:56 | Works

手作りウスターソース

b0319247_00455170.jpg


夏の食材も充実した季節となりました。この恵みを、保存食や調味料作りにも生かしたいですね。
今回の六耀社さんのコラムは、Homemade のウスターソースの作り方をご紹介させて頂きました。


材料を刻んで煮込んでーーー意外に簡単なんです。おまけに、美味しい!
自分で一から作ると、調味料の材料も納得のいくものを使えるし、家族の好みによって味付けもオリジナルに変化させて作れるので、一石二鳥です。

昔々、都会で会社勤めをしていた頃ーーー。
激務の日々に疲れて自分の生き方を振り返った時、「私はこれまでの生き方を終わりにして、緑の多い所に住んで手作りライフをして、ニンゲンらしい暮らしをする」と、ふと決めた(思い立った)瞬間がありました。
あの時から、少しずつ、自分の人生は自分らしい方向に向かっていったような気がします。

夏休み。普段よりさらにリラックスしたこの期間は特に、 昔憧れていたこの手作りの暮らしを、思う存分楽しみたいと思います。皆さんも、分量やスパイス類を工夫しながら、オリジナル自家製ソースを作ってみて下さいね。


b0319247_00593900.jpgb0319247_00592741.jpg






[PR]
by marie-foliage | 2014-07-29 00:55 | Works

Front Lineさん「後編」掲載のお知らせ

b0319247_23420611.jpg

昨日、旅先からバークレーに帰ってきました。旅の記録は、また後ほど記事にアップさせて頂きますね。しばらくPCを開けることができませんでしたので、メールのお返事など、ご連絡が滞ってしまっています。宜しくご了承下さいませ。

さて、先日「前編」を掲載させて頂きましたFront Line さんの続きで、「後編」が出ました。
今回はリビングに飾るお花やプラントの選び方、それに関連した自分の暮らしの考え方のようなものも載せております。
前回同様、ネット(デジタル版)でもご覧になれますので、どうぞご訪問下さいね。


こちらから/左下にある「お選び下さい」から「美人帝国」をチョイスして下さい。
  49〜50頁になります。
 

[PR]
by marie-foliage | 2014-07-06 01:48 | Works

リードディフューザーで爽やか空間。

b0319247_00584393.jpg


旅先から、こんにちは。こちらパリは、バークレーとほぼ似たような暑さです。(結構涼しいです)これからイタリアに入ります。

さて、日本は、梅雨の季節ですね。

どんより湿気を帯びた天候でも、ちょっとした室内香で、鬱陶しい気分もリフレッシュできます。
今回六耀社さんのコラムでご紹介させて頂いたのは、手軽にできる、リードディフューザーの作り方です。皆さんも竹串のような棒が何本もビンにささってある香りのグッズを、ショップで見かけたことがあるかと思いますが、これがとても簡単に作成できてしまいます。
また、今回ご紹介するリードディフューザーは100%天然素材ですので、漂っていても嫌にならない、清々しい香り。とても快適です。

こちら、広い空間よりは狭い場所でふとした瞬間に香るものですので、デスク周り、バスルームなどなでの活用がいいかと思います。

精油も、梅雨向けに爽やかな種類をご紹介しています。また、これからの季節、防虫効果も期待して作成するのも一案ですね。
あっという間に出来てしまいますので、皆様も是非お試し下さい。








[PR]
by marie-foliage | 2014-06-19 15:24 | Works

US Front Lineさん「前編」掲載のお知らせ

b0319247_13595725.jpg

先日のブログ記事でもお知らせさせて頂きました US FRONT LINEさんの6/20号(前編)、7/5号(後編)の2回に渡って、「加藤万里の花のある暮らし」を掲載して頂きました。(7/5号は、7月5日前に発売になりますのでご了承下さいませ。)

今回の記事は、シーン別に(玄関のお花、リビングのお花〜などなど)暮らしの中で気軽にお花をあしらって楽しむいろいろ、そして私流の花のある暮らしのとらえ方を綴っています。アレンジは、なんの変哲もない普段着の、皆さんにもすぐ真似して取り入れて頂けるようなカジュアルで肩の力の抜けたものばかり。後編では、フラワーアレンジだけでなく、ガーデニングなど育てる方のお話もちょっとだけ散りばめています。

どうぞお近くの日系ストアなどでお手に取ってご覧になってみて下さいね。
デジタル版でもご覧になれるそうです。
こちらから/左下にある「お選び下さい」から「美人帝国」をチョイスして下さい。
 49〜50頁)

お世話になりましたフリーライターの福田恵子さん、Front Line の担当者様、有り難うございました。

☞ 後半ご案内記事はこちらから。


[PR]
by marie-foliage | 2014-06-17 15:02 | Works

ドライハーブの作り方

b0319247_15373154.jpg

ハーブも全盛を迎えると、この溢れる恵みを収穫したくなります。
フレッシュハーブの利用も楽しいのですが、乾燥して保存しておくと、クラフトやクッキング、ホーム・メディカルにと、さまざまに利用することができます。また、ただ購入したハーブとは、理解も愛着もまるで違ってきます。

今回の六耀社さんのコラムは、このハーブのドライ方法や利用法についてご紹介致しました。
一番エネルギーの高い、いい時期に収穫し、自分で育てたかわいいハーブを、是非皆さんの暮らしに役立てて頂けたらと思います。
(写真は、アンティークのストロベリー・ラック。乾燥するための用具も、アンティークものや手作りものを使うと、さらに楽しいものに。)






[PR]
by marie-foliage | 2014-05-27 15:41 | Works

May flower basket.

b0319247_15061644.jpg

美しい季節5月も目前となりました。まさに、「輝きの、季節」ですね。

今回の六耀社さんのコラムは、5月の行事「メイ・フェア」と、5月1日のMay day に贈るMay basket のお話を。
庭から摘んだお花をさりげなく小さなバスケットにあしらい、春の歓びを家族やご近所の方々、お友達と分かち合うのは、殺伐とした現代に必要な、潤いのエッセンスになるのではないでしょうか。

皆様にも、こんな夢あふれるアイデアを暮らしに取り入れ、楽しんで頂けたらと思います。







[PR]
by marie-foliage | 2014-04-28 15:00 | Works


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

9月メディシナルハーブ・ベー..
at 2017-08-19 01:57
オランダのアンティーク
at 2017-08-11 04:18
ゾイデル海ミュージアム(2)..
at 2017-07-31 01:22
ゾイデル海ミュージアム(1)..
at 2017-07-28 18:22
Teylers Museum
at 2017-07-25 13:59

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング