カテゴリ:暮らし( 10 )


ソフィアフィトセラピーカレッジ、池田明子さんをお迎えして

b0319247_11440141.jpg

先週から、休暇でサンフランシスコを訪れてらっしゃる、ソフィアフィトセラピーカレッジの池田明子さんとお嬢様たちをご案内させて頂く機会を頂きました。
先日は、CHEZ PANISSE レストラン・オーナーのアリスウォータースさんがビル内に入っている店舗のチョイスも行った、サンフランシスコの名物観光名所フェリープラザと、その外で毎週土曜日に開催されている、全米一とも言われるオーガニック・ファーマーズマーケットにお連れ致しました。
地産地消でローカルの産物、商品に誇りを持つファーマーや消費者の人々をご覧になられ、日本でも時々ご一緒にお仕事をなさる、りんごの木村秋則さんはじめとするチームで、このような大規模な展開ができたらーーーと思いを巡らせて下さったようです。
さすが一校を率いる先生、てきぱきとたくさんのものに興味を持たれ、熱心に見学されるお姿が印象的でした。

冬のように寒かった週末も明け、今日は夏日が来たかのような暑さでしたが、良いお天気の中、Tilden Park のボタニカル・ガーデンやバークレーの種苗店、またCHEZ PANISSE レストランのちょうど向かいにある、こちらもまたバークレーの有名なランドマーク的存在のCheese Board など、ご案内させて頂きました。
サンフランシスコと違って都会的な要素は殆どないバークレーですが、カリフォルニアの自然や、バークレーの街の植物、フード関係のお店も楽しんで頂き、きっとアリス・ウォータースさんが発信された、ここのオーガニック、サステイナブルなカルチャー・シーンをお感じ下さったのではないでしょうか。

これから、九州の大学にて、准教授のお仕事もなさるそうで、益々お忙しくなりそうな池田さん。
日本にお帰りになられた後も、益々のご活躍を陰ながら応援させて頂きたく思います。

池田明子さんのブログ記事にも掲載して頂きました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、Tilden park のボタニカル・ガーデンの様子です。(一部、先月撮影したものもございますのでご了承下さい。)

b0319247_12035971.jpg
毎年、夏よりこの季節の方が暑いのですが、今日もまさにそのような快晴の今日、まるで夏日のようでした。
b0319247_12034663.jpg
Fuchsia-flowered Gooseberry (Ribes speciosum)


そんな暑い中でも、紅葉している葉っぱもあり、やはり季節は秋に向かっていることを思わされます。

b0319247_12125787.jpgb0319247_12130698.jpg























ここのボタニカル・ガーデンでもたくさんの品種が植わってあるマンザニータ。(Manzanita)
昔、ネイティブ・アメリカンの人々が、この葉っぱをお茶にしてポイズン・オークでかぶれた患部の手当てにしたり、尿路感染症のケアにも使用したと言われています。赤い枝や幹がとても目を引きます。
このボタニカルガーデンだけでなく、北?カルフォルニアではこのマンザニータをよく見かけます。
山道のトレイル、そしてヨセミテでもよく見かけました。

b0319247_12183800.jpgb0319247_12184717.jpg






















オレゴンからカリフォルニアにかけてランドマーク的存在のレッドウッドをはじめ、シダーやサイプレスなど、針葉樹も沢山植えられています。

b0319247_12212186.jpg
小川がちょろちょろしていて、一部の小川にはクレソンのような植物がたくさん生えていました。かんでみたら、大部後からぴりりとした感触がきました。(上のお写真は異なります)


b0319247_12244452.jpg
Western Spicebush

b0319247_12274960.jpg
California Wild Rose

b0319247_12300470.jpgb0319247_12295796.jpg






















こんな赤い実たちも。左はローズヒップ、右はNevin's Barberry。

b0319247_12314935.jpg

池田さんのご了承を得て、下記More の方に、お写真もあげております。どうぞご覧下さいませ。



b0319247_14303391.png





More
[PR]
by marie-foliage | 2016-09-08 12:47 | 暮らし

Raindrops

b0319247_15471964.jpg

久しぶりの雨。
早朝庭に出ると、自然からのジュエリーがあちらこちらに。


神様が下さった、
「気づいた人」だけが受け取れる、とくべつの、宝石。


b0319247_15473646.jpg


[PR]
by marie-foliage | 2016-03-06 15:48 | 暮らし

8月ガラージセールご案内

b0319247_04252226.jpg


ブログ記事でも先日記事にさせて頂きましたように、この夏、大掛かりな断捨離をしていましたが、Goodwill などに寄付するにはちょっぴりしのびない物たちも、たくさん。
是非、生徒さんや友人、このブログの読者様(お近くの方のみになってしまいますが!)に使って頂けたらーーーと思い、急遽ガラージセールを行うことに致しました。

破格のお値段+free でお出し致しますので、お近くの皆様、どうぞお気軽においで下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*日時:2015年8月22日(土)午前10時〜午後3時(完全予約制)

         8月23日(日)午前9時半〜11時限定(ご連絡下さい)
        (アメリカ人の方も対象に行います。)

    
 誠に恐れ入りますが、おいでになれそうな時間帯(大体で結構です)をメールにて
 お知らせ下さい。(ウエブサイトcontactからのメールも可能です)
 お客様のおいでにならない時間帯は、ゲートを閉めさせて頂く可能性がございます。
 お友達をお誘い頂く場合も、お手数おかけしますが、事前にまずご連絡下さいませ。


*内容:日本語+英語雑誌、本、子ども絵本。キッチンウエア(食器含む)。
    洋服、装飾品、靴、バック。おもちゃ。
    ドライフラワー。花器。バスケット類。鉢。
    瓶類。布類。リボン。クラフト用品などなど。

    Inddoor+Outdoor苗、びわの葉エキスも販売致します。


*お願い:苗用の空き箱はご用意しておりますが、一般の商品を入れるエコバックなど
     ご持参頂けますと助かります。
     (こちらでも紙袋など少しご用意しておきますね)

     また、なるべく細かいキャッシュご持参にご協力頂けますと幸いです。
     どうぞ宜しくお願い致します。


終了致しました。お越し頂きました皆様、有り難うございました。




[PR]
by marie-foliage | 2015-08-20 05:20 | 暮らし

こんまりさん断捨離メソッド

b0319247_06465044.jpg

短い滞在ながらも、夏のポートランド、そして懐かしいお友達たちとの再会を満喫してきました。
(お世話になったMさん、お久しぶりに会えたKちゃん、本当に有り難うございました。)

*****

さて、この秋からまた忙しくなる前に、夏休みの間に片付けをしようと、7月から本格的な断捨離を行っています。
3年ほど前に、今話題沸騰中のこんまりさん流断捨離を家族で行いましたが、今回は残念ながら家族の気持ちが向かず(笑)、私のみの断捨離。(過去の、こんまりメソッド断捨離の様子はこちら。)

断捨離を始めるにあたり、あらためてこんまりさんのご本を読み直し、そしてネットで検索したら、いろんな番組に出られ、いまやテレビだけでなく本の出版でも世界規模でご活躍されてらっしゃるんですね!びっくりしました。
昨年、サンフランシスコにも来られたようなので、アメリカ版の出版もされたのは知っていましたが、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパ、アメリカのみならずアジアの方まで「こんまりメソッド」が広がっているとはーーー!素晴らしいです。
また、「世界に最も影響を与えた100人」にも選ばれたとのことで、アメリカでの華やかな授賞式の様子も拝見しました。


こんまりさんのメソッドで好きなのは、捨てるものにも「ありがとう」と感謝をすること。
「捨てるものを選ぶ」のではなく、「ときめくものを残す」こと。
こんまりメソッドを試みた人が皆口にする、「捨てるのは分身がはがされるようで、つらい」という事実があるからこそ、「ときめくもの」を大事にして暮らすことの大事さをあらためて思い知らされます。
また、だからこそ、自分にときめかないものを簡単に購入することも、思いとどまるようになっていくのでしょう。

Tシャツのたたみ方、下着のたたみ方も、こんまりメソッドで行うと、収納が2倍、3倍に!
色別にタンスの中に収めるというアイデアも、見事です。(自分の持っているシャツの色が把握できる。片付ける時も、その色のパートに戻すことで再度散らからない。)
ハンガーも、「右肩上がり方式」で、左に重いもの、丈の長い服を、右に行くに従って短いものをさげていきます。

洋服も、本も、小物も、全部一旦フロアに出して行うというのも、いっけん面倒くさそうですが、自分の持っているものの量を把握して知る事ができるし、「眠っていたもの」たちがフロアに動かされることで「目覚め」るので、収納されたままでの片付けとは、まるで違う作業になっていきます。

ある番組で、相当に散らかった芸能人のお部屋で、こんまりさんが瞑想のように目をつぶってしばらく何かしておられました。
家に、ご挨拶をしていたんだそうです。
こうすると、作業が格段に良好になる、というようなことをおっしゃっていました。

巫女さんのバイトを学生時代されていたというこんまりさんだからこそ、実は自分を守り喜びを与えてくれている家やものに感謝し、愛情を持つ事。そしてものを大事にするという日本人的な発想も、ご自身のメソッドの中に自然に取り入れられているのでしょう。
そしてその愛情や感謝が、日本人のみならず、世界の人たちの心の琴線に触れて広がっているのは、とても素敵なことだと思います。

さて、私も引き続き、断捨離を続行していきます。
家や身の回りが片付いている人はお顔もすっきりとされているとか。
こんまりさんも、実にすっきり、ぴかぴかされてらっしゃいますものね。彼女のお仕事や人生が(この7月にはこのご多忙の中、ご出産されたそうです)奇跡的な幸運続きで、成功されてらっしゃるのも、もしかしたら常に片付けをされてらっしゃるからなのかもしれませんね。


b0319247_04044355.jpg
こちらのお写真は、TIME よりお借り致しました。



[PR]
by marie-foliage | 2015-08-10 03:43 | 暮らし

"Songbirds"と散りゆく花と

b0319247_04215321.jpg


日本は今、桜の美しい季節なのでしょうね。
我が家の裏庭のクラブアプルの花も、いつの間にか満開を過ぎ、はらりはらりと散り始めています。

ちょっとした休憩時間を得て、束の間のゆったりした自分だけの時間ーーー。
大好きな鳥モチーフの切手を貼って、ご無沙汰している方へお手紙でもしたためてみましょうか。

すべての流れが早い現代。
お手紙をペンを取って書いて、投函して、送り先に届くまで数日かかってーーーという時代がつい数年前まであったことが、今は浪漫のように感じます。

外では、いつの時代も変わらぬ、うつくしい鳥のさえずり。






More
[PR]
by marie-foliage | 2015-04-01 04:20 | 暮らし

15歳誕生日

b0319247_02445258.jpg


3月23日。(お知り合いでもなんでもないのですが、ミッツー・マングローブさんのお母様と同じらしい)誕生日の娘も、本日15歳を迎えました。
今まで見守って下さった皆様に、感謝!

今朝、学校に行く前に「マミ、15年間ありがとう」とさらりと言ってくれる(私とは大違いの!)気だてのよい子に育ってくれて、本当に有り難いことです。(涙)

今日は学校のランチタイムに、仲良しのお友達たちとまとめて買ったベーグルを、芝にすわって食べてお祝いするのだとか。
カジュアルなアメリカ的ですね。
せめて何かしてあげたい親心で、ベーグルに立てるmtマスキングテープ(上の写真は、他社のテープも使用しています)で作ったflagsを無理矢理持たせました。使ってくれるかな。

小さい頃のように、誕生日パーティーもいらないと言うけれど、せめて何かーーと、今晩は、ロスから訪問している夫の両親と一緒にシェパニーズ・レストランでお祝いします。シェパニーズも久しぶりなので、また夜にこの記事に追記できたらお写真などアップ致しますね。

あっという間の子育て。ここまで来ると、あと一緒にいれる残り時間をカウントダウンの日々。
母親業に関しては誠にぐうたらでマイペース、子どものことにも殆ど熱心でない母親でしたが、残りの日々も、愛だけはいっぱい伝えていきたいなあ。


*親ばかでごめんなさい10歳の誕生日パーティー13歳のパーティー記事など。




More
[PR]
by marie-foliage | 2015-03-24 03:04 | 暮らし

夏の香りの!誕生日。

b0319247_11283961.jpg

誕生日をはさんだ連休、息抜きに、郊外のソノマに出かけてきました。
道ばたにはMustard---菜の花が咲き乱れ、夏を思わせるような陽気で、とても気持ちのいい休日でした。

さらにちょっと遠くに足を伸ばし、シダーとFir needle(もみ)、米ぬかの酵素風呂があるというので、昨年末からの体調不良を一掃すべく、試してきました。(osmosis
アメリカ人向けになのか、ラヴェンダーの香りも盛りだくさん加えて工夫が見られましたが、なかなかに不思議な芳香・・・笑

でも、酵素風呂は、本当に本当に、気持ちよかったです!
カリフォルニアの法律で、20分までーーーと決められているようで、やっと汗が出始めた頃に出なければならず、それはちょっぴり残念でしたが、こんな異国で日本風酵素風呂に入れるのだから、有り難いことですよね。
その後、別室でミュージックセラピーとやら、ヘッドフォンで癒しの音楽を聞いて横になりましたが、これも外の世界からぐっと遮断され、内面クレンズにとても良かったです。

それにしても、酵素風呂に入っている時に、ヘッドマッサージなど施術されたら、もうこの世は楽園ーーーになりそうな心地良さでした。すぐに通える条件と距離ではないですが、また行きたくなるようなーーー癖になりそうな酵素風呂です。


それはそうと、隣接しているZEN 風ガーデンに、ちっちゃなとかげさんが走っていました。
厳冬の2月に生まれた私、訪れたソノマで、夏日のような(+酵素風呂で)ホットな誕生日を送りました。



[PR]
by marie-foliage | 2015-02-17 11:19 | 暮らし

Hiver

b0319247_03365488.jpg

庭のクラブアップルの枝には、既に芽吹く準備が垣間見れ。
のどかな小鳥たちの声も、早春のひとつ前の、響き。

春を内包する、冬。

静かな自然の中から、殻の中から、春の声が、きこえる。




[PR]
by marie-foliage | 2015-01-20 03:39 | 暮らし

おうちひと夏プロジェクト

b0319247_02435347.jpg

旅の記憶が遠のかないうちに、記録をどんどんアップしていますが、ローマが終わったところで、ちょっとひと息。

主宰するクラスも、お仕事もオフの7月。
やっとゆったりと楽しんでお料理をしたり家のことをしたり。今年前半はことに時間に追われる毎日だったので、この余裕のある日々というものが、とても有り難くしあわせに感じます。


ここ数年、毎年夏になると、この「余裕のある時間」を利用して、「おうちひと夏プロジェクト」をするのが定番となりました。
去年は大規模な断捨離も兼ねて裏のアトリエのミニ・改築、その前は、ダイニングテーブルのいすの革張り替え、そしてブーツや靴を磨いたり、底を張り替えたり、またまたその前は家のペンキの塗り替えーーーといった風に。
普段の慌ただしい生活ではなかなか手の届かない修理やプロジェクトを、夏にひとつだけでもいいから行うというものです。

今年は、かねてから使い勝手が悪く気になっていた、玄関先の靴棚のお直し。
以前この家のオーナーだった方はアンティークドールの収集をされていて、この玄関先に棚を設置し、ライト付きのショーケースとしてこのキャビネット棚を作られたようです。
日本の家のように、玄関先に靴棚のないこちらの家の造りはとても不便で(多分こちらの皆さんは、西洋式にクローゼットに仕舞われるんですよね)私たちはせっかくのショーケースを、靴棚として使っていました。笑
でも、元々飾り棚として作られたこのキャビネットは棚が4段ほどしかなく、高さのない靴を収納するには、スペースが余りすぎるのと靴もそれほど入らない。不便だなあと想いつつ、10年も経ってしまいました。

今回は、靴がたくさん収納できるように、棚をいっぱい設置してもらいました。
大工さんによると、元々あった棚を壊すのが難しかったようなのでその隙間に棚を増やす方式。棚の高さはかなりばらばらな感じではありますが、靴の収納はとても効率が良くなりました!
中に消臭として使っていた備長炭も煮沸して天日に干し、復活。再利用してリニューアルした靴棚に収納しました。かなりの爽快感!

お直しをしただけで、靴をもっと大事にしたいという想いが湧いてきますし、キャビネットを開けて中が見晴らし良く片付いているというのは、心の気に停滞感がなく爽快なもの。
今年のひと夏プロジェクト、もう2、3、実践してみたいです。






[PR]
by marie-foliage | 2014-07-15 03:04 | 暮らし

Graduation.

b0319247_13352276.jpg


娘が3年間通った、アリスさんのエディブルスクールヤード・プロジェクトで知られている、King Middle schoolは、うちから徒歩3~4分。
という訳で、娘を車での送り迎えもなし、他のファミリーとカープールの心配もしなくてよし、の、かつてないほど楽をさせて頂いた中学時代も、いよいよ今週で終わりです。
こちらではMiddle school は8年生で終わりですが、日本だとまだ14歳ですから、中学2年ですかね。未だにこのカウントに馴染めなくて、○年生って言うのをよく間違え、娘にあきれられています。

今晩は、明日の卒業式の前夜祭的な、ダンスパーティーとやら。
女の子もメイクアップして、髪もまいて、この日のために揃えたドレスや一張羅を着て、の大盛り上がり。学校が終わるや否や、友達同士で衣装を持って来てお化粧やらのおめかしで、そわそわ、大騒ぎです。
自分の昭和で厳格な環境下だった中学時代を思うと、お化粧OKでしかも肌見せドレスなど、まったく考えられませんが、こちらはやっぱり開放的。ニンゲンとして、おめかししたいという生理的欲求が湧いてくるお年頃をちゃんと理解し、寛大に子どもたちに与えています。そして、それを微笑ましく眺める親たち。

幼稚園時代ーーーちょうど10年前にお友達になったMegan と一緒に、我が家の娘も、午後からおめかしに余念なく。一緒に髪をまきあったりと、大はしゃぎです。あんな赤ちゃんだった子たちが、ドレスアップして、レディー予備軍になっていく姿を見ると、その成長ぶりに、なかなか感慨深いものが。
こうやって、時代は巡っていくのですね。。。
普段はなーんにも母親らしいことはしていない私ですが、今日ばかりは、親気分をじっくり味わっています。

明日の卒業式は、色々な人種の子が各国の言葉で挨拶をするシーンで、娘は日本語でショートご挨拶をすることになっているようです。
先輩ママさんに、「きっと明日は号泣よ〜〜」と言われ、そんな予想をしていなかった私は、「へぇ」と。
今晩は涙腺の筋トレといきましょうか。


✿ 学校のYear book(アルバム)の表紙に、娘の絵を選んで頂きました。いい思い出になりました。有り難い!

b0319247_13304969.jpgb0319247_13303869.jpg

[PR]
by marie-foliage | 2014-06-12 13:31 | 暮らし


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

foliage 秋、冬のご案内
at 2017-10-18 02:41
アムステルダムの街並
at 2017-10-10 14:27
眼精疲労ハーブ
at 2017-10-01 03:34
私の植物学名愛用書
at 2017-09-27 08:36
ユトレヒトの花市場
at 2017-09-14 14:12

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング