カテゴリ:アロマ( 6 )


手作り薬用ジェル(咳ケア)



b0319247_23101887.jpgb0319247_23103776.jpg





















皆様、夏をいかがお過ごしでしょうか。

私はただ今、初のバリ島に来て休暇を過ごしております。
アジアを家族で訪れたのは初めて。私自身も若かりし頃に香港に出かけたことがある位で、アジアのことは本当に知らないでここまで来ました。が、バリの空港から一歩外に出た瞬間から、なぜか懐かしさでいっぱいで、すっかりこの地に魅了されています。
また後日、休暇を終えてアメリカに帰りましたらば、旅の記録をゆっくりとアップしていきますので、どうぞ宜しくお付き合い下さいませ!(Instagram には少しずつ記録を投稿しておりますので、よろしければどうぞ!)

さて、旅の前には家の工事で家庭内の引っ越しをせなばならず、思い出すだけでもばたばたの、慌ただしい日々でした。
それまで出張続きの夫もいよいよ疲れが出てしまったのか、風邪の咳が段々気管支炎のような感じになってきています。
毎夏、虫除けジェルとして主宰するアロマクラスでもご紹介するジェルですが、今回は咳ケア用のジェルを作って夫に使用してもらいましたところ、割合とすぐに効果が見えました。ジェルを塗布して間もなく、咳が鎮まっていったのです。
夏風邪はつらいもの。大人だけでなく、お子さんにも、もし夏風邪の咳や気管支炎などが出ましたらば、このジェルはきっとお助け家庭薬になるのではないかと思います。
是非ここにご紹介させて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェルの作り方(キナリノさんにも取り上げて頂きました:こちらから)
  こちらではキサンタンガムを使っておりますが、もちろんアロエベラ・ジェルでも使えます。

咳用の精油例:ベンゾイン(安息香)、ニアウリ、ユーカリ、フランキンセンス、ティートリー、ペパーミント、レモン、サンダルウッド、ローズマリーなど



b0319247_14303391.png
 Instagram



[PR]
by marie-foliage | 2016-06-27 23:23 | アロマ

素晴らしいForestの香り

b0319247_04070234.jpg

普段から森林の香りが好きな私は、季節に関係なく、Juniper Ridgeの”Christmas Fir Cabin Spray” を使っていますが、やはりこのクリスマス・シーズンになると、この香りが実にマッチして、なんとも言えない心地良さに包まれます。

針葉樹だけの香りではない、その木を育んだ土、目に見えないミクロの生物の息吹を感じるような、深い深い、香りーーー。

「生きているもの」の香りは、同じく生きものである私たちをも、一瞬にして癒すのでしょうね。
「私たちは生物という名の、仲間だよ」とエッセンスがささやいてくれているかのようです。


☞ Ingrediens を見てみましたら、やはりすごい!のです。植物の樹脂、木の枝、地衣類(こけなど)のインフュー
 ジョン、そしてバーク、根、土の蒸留したものまで含まれています!
 まさに、生命のessenceそのものがこのスプレーに閉じ込められているのですね。



[PR]
by marie-foliage | 2015-12-20 04:13 | アロマ

お勉強とアロマ

b0319247_04421066.jpg


この秋は、自分にとってお勉強の秋。老体(頭)にむち打って、頑張っています。笑

こんな時こそ、傍らにアロマをーーーと、ディフューザーに精油を垂らし、お勉強のお供に。
ファーストチョイスは、やはり記憶力と集中力アップに欠かせないローズマリー、そして勉強しなければいけないその量に圧倒されて、かーっとなっている頭に、スッキリとレモンもブレンドして。(このブレンドは、昨年鳥取大の教授が認知症にも良いと、とあるテレビ番組で紹介され、一気に広まったブレンドらしいですね!特に朝昼に2時間かぐのがいいそうです。夜以降は、ラヴェンダーとオレンジがいいそうですよ。これはあくまでも、認知症の件です。)

レモンの香りと言えば、レモングラスも記憶、集中力アップや精神疲労、不安にもwork するので、時々レモンの代わりにこちらを使ってみるのもいいかと思います。
その他、目を覚まさせてくれそうなペパーミント(先日ご紹介した薄荷脳も、お勉強の傍らに、いいですよね!)、やる気アップのグレープフルーツなどのチョイスも。

不安、イライラが強い時は、お休み前に、ベルガモットやネロリを取り入れたブレンドを嗅いで眠りに入ったら、ほっこりしそうですね。
お勉強でこり固まった首や肩をほぐす意味でも、血行促進のローズマリー精油を垂らしたハンドバス、フットバスなどした後に安心、平和感の強い甘い柑橘系の香りを嗅ぎながら眠りについたら、さらに効果がありそうです!

集中力や記憶力アップのために、日本では精油を取り入れる試みをされている塾などもあるのだとか。受験のお子様、勉強に励む家族やご友人がいる方にも、是非ご参考まで。


暮らしの中で、自然の香りーーーアロマが身近になるのは、その効果云々だけでなく、人間としての安心感、安定感をも取り戻せるような気がします。





[PR]
by marie-foliage | 2015-10-21 01:35 | アロマ

Black spruce

b0319247_09085203.jpg


夏の終わりに取材した Homestead apothecary で、せっかくだからと、何か今まで使ったことのない精油をーーーと思い、このBlack spruce の精油を購入してみました。(SIMPLERS BOTANICALS ブランド)
森林系の香りが好きな私は、この精油の瓶を開けた時に、Juniper Ridge の商品のクオリティに匹敵するほどの、何か神髄に触れるような、ほんものの香りだと感じました。

深く成熟しているけれど、森林のもつ清浄感がベースになったこのBlack spruce。
すーっと脳天に届いたかと思うと、次には心の奥深くに香りが清水のように染み込んでいきます。

このところ、ちょっと糸がこんがらがったような難関が押し寄せる秋の始まりだったので、無意識にこの森林の持つ浄化作用で心を洗い流してもらいたかったのかもしれません。
偶然手に取った精油、Spruce。
香りをかぐ度に、自分は馥郁たる香りが満ちた針葉樹の森林の中に一瞬にして運ばれ。

また新しい大好きな香りと出逢えたことに、小さなしあわせを感じます。


✷ Spruce( トウヒ)/学名:Picea mariana マツ科トウヒ属の常緑針葉樹

風邪や気管支炎、皮膚の乾燥予防、アレルギーによる皮膚の痒みに。むくみ、関節炎にも。

トウヒは空気をきれいにする働きがあり、一本のトウヒで約50人分の酸素を毎日供給してくれるのだという。
古代ゲルマン人にとっては守護木。
ネイティブインディアンのラコタ族は、守り神と交信する能力を高めるため、このスプルースを利用した。
(一部参考:ハーブ学名語源事典)



b0319247_14360689.jpg


[PR]
by marie-foliage | 2014-10-09 14:36 | アロマ

ユーカリ・エッセンシャルオイルの可能性。

b0319247_15404858.jpg

またまた予約投稿記事です。

ユーカリの精油が、かなり万能であることに近頃気づいています。

今までは、森林浴系のスプレー作りをする際に。そして風邪やフルー(インフルエンザ)の季節に、芳香浴としてお部屋に炊いたり、咳や気管支炎の際に植物性オイルやクリームに混ぜて胸元や喉のあたりに擦り込んだりする使い方がメインでしたが、1、2年ほど前から、汚れ落としにも頻繁に使うようになりました。ナチュラル・クリーニングを実践している我が家では、重曹やお酢にユーカリオイルを混ぜて使用することはありましたが、原液を使用することは思い浮かびませんでした!
近頃では色々なものに試して、その効果、可能性にびっくりしています。

ユーカリオイルの原液で、合成樹脂製の家具やコンピューターのキーボード脇、電卓、ハサミのハンドル部分、電話機、冷蔵庫などの家電等を磨くと(柔らかい布などで磨きます)、みるみる汚れが落ちてしまうのです。但し、ペンキなどは逆に色がとれてきてしまうので、ご注意下さい。(その他、スティッカーはがしにも!)

また、私は夏には自宅で白いビーサンをはいているのですが、汚れが目立ってしまうのが難点でした。が、このユーカリオイルで磨いてみたら、このビーサンも、かなり汚れが落ちて、ひとり感激してしました。しかも抗菌作用もあり、香りも清々しく、快適です。
また、以前、アロマクラスの際に精油のミルラ(樹脂の精油だけあって、なかなか粘性があるのです)を床にこぼしてしまい、重曹で磨いても何をしても、なかなか汚れが落ちずに困っていたのですが、こちらもユーカリオイルで、すべて解決!ユーカリパワー、おそるべし。

さらに近頃発見したのがーーー。アロマクラフトをやられている方は同じ悩みがあるかと思うのですが、ビーズワックス(みつろう)を使ったクラフトを作成した後の、容器や器具の洗浄の難しさ。熱いうちにペーパータオルなどでぬぐってその後洗っていたのですが、重曹を使っても、こればかりはなかなか難しい。ずっと、ビーズワックス使用後の洗浄は課題難題でした。
今回、このユーカリオイル原液で、ビーズワックスの後始末をしてみたらーーーこれがかなりいいのです!きゅっきゅと小気味良く汚れが取れて行きます。これは皆さんもお試しの価値があるのではないでしょうか!

皆様も、こんなのも汚れが落ちました〜なんてものがありましたら、是非お知らせ下さい♪


☞ 汚れはかなり落ちますが、精油には引火性の特性がありますので、火元のそばで使用
  しないようご注意下さい。

☞ 私は、通常ユーカリ・グロブルス(Eucalyptus globulus)を使用しています。
  ユーカリ・シトリオドラ(citroodora)は、レモンユーカリのことです。
  こちらは、今の季節ですと、虫除けスプレーなどに大活用できますね。





[PR]
by marie-foliage | 2014-07-02 08:36 | アロマ

束の間フィレンツェ/Solid pot pourri

b0319247_08220971.jpg

以前お友達におみやげで頂いたサンタマリア・ノヴェッラの衣類用ポプリからインスピレーションをもらい、束の間、フィレンツェに思いを馳せてみながら、ワックスタブレットーーーソリッドポプリを作ってみる。

缶の蓋に絵を描くようにセットしたドライフラワーを敷き詰め。
そこに温めて溶かしたビーズワックス+ほんのちょっとの植物性オイルを加え、精油を垂らしたものを流し込む。敷き詰めたドライフラワーの絵もビーズワックスを注いだ流れで多少移動してしまうが、それも偶然のアートとして自然に任せる。
それなりのソリッド・ポプリが出来上がるがーーー。

「本家」を知っている目からすると、なんとも軽く、薄っぺらい感がぬぐえない。



b0319247_08315548.jpg

b0319247_08320357.jpg

本家サンタマリア・ノヴェッラの「衣類を香らせる小板」は、やっぱり風格が、まるで違う。

スパイシーな香りの深さはヨーロッパの歴史を感じさせ、ドライものの豪勢さはリアルだ。「借りてきたハーブ」ではない、今までの長い年月、人々の暮らしに寄り添ってきた絆の重厚さを感じる。そして板のオリジナリティある味わいは、手作業で行っているという成型の温かみを醸し出している。
なんといっても、この飴色のワックス。この香りの手仕事が、何百年に渡って今日まで繋がってきたという本家本元の風格だ。
まったく、かなわない。

もうすぐ本家フィレンツェを訪ねるが、かつて訪れた時とはまた違う目でもってこの地を見ることになりそうだ。


☞ソリッド・ポプリは衣類の他、ステーショナリーなどにもほのかな香りを移すことが期待
 できるが、ビーズワックスを使用しているため温度の上がる場所での保管は注意する。

☞「衣類を香らせる小板」の中のポプリは、トスカーナの丘で、サンタマリアのために
 栽培されたハーブを、テラコッタの壷で熟成させて造られる伝統のものなのだとか。


[PR]
by marie-foliage | 2014-06-04 08:42 | アロマ


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

foliage 秋、冬のご案内
at 2017-10-18 02:41
アムステルダムの街並
at 2017-10-10 14:27
眼精疲労ハーブ
at 2017-10-01 03:34
私の植物学名愛用書
at 2017-09-27 08:36
ユトレヒトの花市場
at 2017-09-14 14:12

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング