私の植物学名愛用書

b0319247_08394305.jpg


皆様はどんな秋をお過ごしでしょうか。

さて、読書や勉学にも適した季節になりましたが、今日は私の愛用している「学名書」をご紹介致します。
近頃、ハーブクラスやアロマクラスでも、この学名の件に触れることが多かったですので、この機会に!

植物との深いお付き合いももう30年近くになりますが、メディカル的な勉強を本格的に始めたここ数年、避けては通れないのが、植物の学名。
ガーデニングなど楽しんでいた分には、それほどの必要性を感じていなかったのですが、やはりメディカルに使用される植物は、学名抜きでは通れません。
専門書を読む時にも、そして植物界の世界公用語なので、覚えておくと、とても理解がクリアになりますし世界が広がります。
ロンドンのチェルシーフィジックガーデン(チェルシー薬草園)では、すべての植物のサインは、学名だったのを記憶しています。

アロマやメディカルハーブなど、植物療法を学んでらっしゃる方は、おそらく写真下/右の故大槻真一郎先生の「ハーブ学名語源事典」は必要不可欠な本として、ご存知の方も多いのではないかと思います。
精油、ハーブティー、バッチフラワーと植物療法の区分から、たくさんの植物が網羅されており、それぞれの植物の英名、和名、学名、そしてその語源、エピソードなどが盛り込まれていて、ある特定のハーブの学名暗記を集中的にしなければいけなかった時期には、このご本の御陰で楽しみも頂きながら覚えていくことができました。
特にエピソードは、歴史やいわれなどと関連し、とても興味深く、そのひとつひとつの植物を理解していく上でとても役立ったと思います。

写真下/左のロレイン・ハリソン著の「植物ラテン語事典」は、何と言っても植物画のカラー挿絵が美しく、また、合間合間に歴史上の植物著名人や特定の植物のお話が盛り込まれており、そういった読み物としてもとても楽しみな本です。
事典としては、上記の本とは異なり、A,B,C順に、ラテン語の言葉(動詞、形容詞その他含む)が記載されているので、植物の学名を覚えていくのは上記の本、こちらの本は二番手として、ラテン語の意味を調べたり、理解していくのに適しています。

学名は覚えていくと、実に世界がすっきりクリアに見えてきます。

3年前、英語が通じないイタリアのハーブ店で、求めたいハーブの学名を記憶していなかったために、お店の人に伝えるのに非常に苦労した経験があります。
学名を覚えていたら・・・と、学名は植物の世界共通語であることを、深く認識した出来事でした。
そんなことも含め、私も少しずつ、少しずつ、学名を身につけている途中です。

他にも、良い学名書がありましたらば、皆様、是非お教え下さい。



b0319247_08101856.jpg


b0319247_14303391.png








[PR]
by marie-foliage | 2017-09-27 08:36 | 愛用品


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

✷ foliage Chri..
at 2017-11-23 01:48
ポマンダーワークショップ 2..
at 2017-11-02 06:12
オランダ漁師さんのポマンダー
at 2017-10-30 08:04
foliage 秋、冬のご案内
at 2017-10-18 02:41
アムステルダムの街並
at 2017-10-10 14:27

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

記事ランキング