ゾイデル海ミュージアム(1)(後日写真追加します)

b0319247_17441411.jpg


オランダ滞在3日目、Haarlemから車で北上し、ゾイデル海(エンクハウゼン Enkhuizen /アイスル湖)を見渡す地に設置されたゾイデル海ミュージアムを訪れました。
切符売り場からさらにフェリーに乗って、到着しました。

b0319247_17442604.jpg

ここは昔のオランダの様子を垣間見れる野外博物館で、ゾイデル海沿岸にあった昔の漁師町の民家や店などの建物、その他を実際に移築して暮らしぶりをも再現、展示されたもの。(18世紀後半〜19世紀前半のもの)
広い敷地には、建物が小川や庭、オランダには欠かせない風車などと一緒に村のように再現されていて、本当にどこか昔の村を訪れたような感じです。


b0319247_17443794.jpg
ちゃんとミニ運河?(実際には小川のようなサイズですが)も設置されて。
テーマパークと言うには余りにも自然な造りです。


まず風車の脇には、漁師町だった風情が展示されており、昔の漁師網などが小屋に下げられていました。
こちらの網も、紐を腐りにくくするために(多分殺菌作用のある)染料に浸けられていました。人の知恵は昔から素晴らしいですね。

b0319247_17445063.jpg
b0319247_18041973.jpg
ここの展示場ではお魚(にしんなど)も昔風にスモークされていて、もうもうと煙が立っていました。
家族が食べてみましたが、美味しかったようです。

敷地内には、普通の民家、ブルジョアのお宅などの他、チーズ屋さん、お菓子屋さん、薬局などのお店や学校、郵便局、銀行、クラフトや昔の子供の遊び、乳搾りや手で行う洗濯など体験できる場もあり、家族連れも沢山訪れており、特に子供たちにも十分楽しめる造りです。
(また後日、お写真追加しますね)

b0319247_17450136.jpg
b0319247_18091749.jpg
オランダの貸し民族衣装を着て体験もできるため、可愛い子供たちの姿もたくさん見かけました。

b0319247_17551292.jpg
b0319247_17550174.jpg

所々、昔の人々の服を着て建物の中で実際に生活しているような人たち(スタッフ/ボランティア)がいましたが、この時代が本当に好きで、ここで働いている人もいるよう。(実際住み込んでいる人も?!)
言語も、当時の漁師村の方言で話しているため、今のオランダの標準語とは少し違うのだとか。


ランチのできるカフェがあるだけで、おみやげ物屋も何もなく、(お店によっては、少々買い物できるお店もあります)本当に当時の漁師町を散策しているようでした。
次の投稿では、続きで薬局の記事を。

こちらの記事も、また後日(帰国後?!)お写真を追加致しますので、気長にお待ち下さいませ。



b0319247_14303391.png
Instagram(こちらにも、旅の記録を発信中。よろしければどうぞ♪)

[PR]
by marie-foliage | 2017-07-28 18:22 | 旅(ヨーロッパ、アメリカ)


美は、見る人の心の中に。


by marie

プロフィールを見る

リンク

最新の記事

✷ foliage Chri..
at 2017-11-23 01:48
ポマンダーワークショップ 2..
at 2017-11-02 06:12
オランダ漁師さんのポマンダー
at 2017-10-30 08:04
foliage 秋、冬のご案内
at 2017-10-18 02:41
アムステルダムの街並
at 2017-10-10 14:27

カテゴリ

お花の会ご案内
お花の会 Botanica
アロマクラスご案内
アロマクラス Essence
ハーブクラスご案内
ハーブクラスHerboristerie
FOLIAGE Heirloom
花、植物
ハーブ
アロマ
料理
暮らし
健康
旅(ヨーロッパ、アメリカ)
旅(アジア)
愛用品
お知らせ
Berkeley,S.F.(お店含む)
ごあいさつ
Works
音楽
心への言葉

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

記事ランキング